【連載企画】File09中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2019年4月21日 [日曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File09中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2019年01月25日
前向きな店舗撤退があるってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【小売業者の成長】
店舗販売を行う小売業においては、新規出店なくして成長は不可能と言われていますが、一方で、既存店舗を撤退するという経営判断が必要になることもあります。そこで今回は、中古車販売店における新規出店と店舗撤退のポイントについてご紹介します。

【新規出店のポイント】
 中古車販売店が新規出店を行う目的は、規模の拡大、守備範囲の拡充、そして特色の分離などさまざまですが、いずれの場合においても、取扱い車種に応じたマーケティングを行う必要があることは今さら私が言うことではありません。そして、これらのマーケティングや実際の店舗作りは、常に〝お客様の目線〟で行うことが重要となります。お客様にとって分かりやすく、入りやすく、そして居心地の良い店舗を出店することこそが、新規出店を成功させるポイントだと私は考えています。

【前向きな店舗撤退】
 店舗撤退には、不採算店舗の閉鎖だけでなく、「前向きな撤退」もあることをご存知でしょうか。現状では採算がとれていても、投資回収が終了し、展示場や設備の老朽化が進む店舗については、その場所から撤退し、時代や環境に見合った場所への移転を経営判断の選択肢に加えることが重要です。

【税効果とタイミング】
 新規出店と店舗撤退のいずれにおいても、多額の支出が伴います。同じ支出であっても「支出時に費用となるもの」や「資産計上して減価償却するもの」など、その支出内容によって経理処理方法が異なります。こうした経理処理の違いによって起きる税効果を加味して経営判断を行うことも重要となるので、顧問税理士等と相談のうえ実行すると良いでしょう。

【直感と数字の裏付け】
 新規出店や店舗撤退という経営判断を成功へと導くカギは、数字の裏付けです。経営判断というものは、「直感」に頼ることも大切ですが、重要な判断を行う際には、少なくとも向こう10年程度の損益収支シミュレーションをし、具体的な数字の裏付けをもって、最終判断を行うようにしましょう。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。




[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること