開場29周年記念バントラオークション開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)8月21日 [火曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

開場29周年記念バントラオークション開催

オークション 2018年08月04日
過去最高出品を記録 周年記念に相応しい盛会
会社名:アライ小山バントラ
挨拶に立つ荒井会長

挨拶に立つ荒井会長

複数画像有

拡大拡大する

 荒井商事(神奈川県平塚市・荒井亮三社長)が運営するアライオートオークショングループのアライ小山バントラ会場は7月28日、「開場29周年記念バントラオークション」を開催した。

 当日のセリは、過去最高となる出品4878台を集荷。成約は2840台、成約率58.2%、平均成約単価81万円の好結果を収め、周年記念開催に相応しい盛会となった。

 イベントは好評を博している成約落札大抽選会やアライ市場を実施。また、来場記念品として周年限定タオルを進呈するなど、会場を賑わせた。

 セリ前のセレモニーで挨拶に立った荒井寿一会長は「中古車ガイドの松尾社長からトラックオークションを開催していた江戸川オークションを引き継いでほしいと声を掛けていただいたのが29年前。そこからアライ小山バントラがスタートし、29周年を迎えることができた。感謝の念とともに感慨深いものがある」と振り返った。続けて「
歴代のバントラ協力会をはじめ、皆様の支えがあって今日がある。今後も皆様の為に、一生懸命取組み、皆様に愛され続けるオークションでありたい」と思いを述べた。

 続いて来賓を代表し、JU関連協会長JU栃木会長理事長JUコーポレーション社長髙谷昭彦氏が「世界のバントラオークションとまで呼ばれるのは、安全と信頼をベースに会員満足を高める取組みをしてきた結果」と称え、祝辞を述べた。その後、感謝状贈呈式、恒例の鏡開きが執り行われた。最後に山口真一支店長より「30周年に向け、様々な取組み、チャレンジをしていく」と挨拶がなされた。
 
 アライAA小山バントラは、昨年9月から今年の3月末まで、28週連続で成約率60%超を記録。また、今年の3月開催では、歴代最高成約率68.7%を記録するなど、売り買いのできる会場として高い支持を得ている。
 
 昨年からのオークションの取組みでは、昨年10月に「現状車&不動車コーナー」、「Bクラス車コーナー」を新設。今年の3月には「トレーラコーナー」を、5月は「特選‼中型車コーナー」、「バントラ水戸ヤードコーナー」を、7月は「関西ヤードコーナー」、「農機現状コーナー」を新設と、矢継ぎ早に新コーナーを設置。鈴木正史バントラ会場長は「お客様のビジネスニーズに応えるコーナーを展開していきたい」と話し、引き続き利用しやすい会場を目指していく。

 記者会見の場で荒井社長は当面の目標として「1開催平均4000台、成約率70%を目指していく」とした。

AA会場 アライオートオークション小山 VT 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系