好評の「検査講習キャンペーン」をスタート、受講申込みは9月末まで - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)8月18日 [土曜日] 友引 |  サイトマップ サイトマップ

好評の「検査講習キャンペーン」をスタート、受講申込みは9月末まで

オークション 2017年04月29日
のべ受講者数1300人規模、会員店の検査・査定レベルアップを支援
会社名:ベイオーク

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は9月末まで、会員から大好評の「検査講習キャンペーン」を展開中だ。4月16日から受講申込みを開始した。2007年7月からスタートした同キャンペーンは今年で10年を迎え、のべ受講者数は1300人規模。

 キャンペーン期間は、約5カ月間とかなりのロングランだが、前半の4〜6月は主に入社したばかりの新入社員を対象とした「フレッシュマン応援基礎コース」、後半はステップアップのための「1dayコース」がメインとなると想定する。会員店のスタッフが着実に検査、査定知識を身に付けられるよう、配慮した設定としている。

 フレッシュマン応援基礎コースは、2日間のプログラム。「車の知識の無い方や新入社員、若手社員の方に特にオススメのコース」とする。受講費用は1万5000円のみ。

 ステップアップ1dayコースは、文字通り1日コースで効率良く学ぶことが出来る。業務の都合で2日連続受講が困難な会員が日程調整しやすい検査講習。受講費用は1万円(1日)で、プラス8000円(1日)で日程追加をカスタマイズ出来る。

 人気の2コースのほか、「社内研修ステップアップ2dayコース」も会員ニーズに合わせて用意している。社内研修向けで3人以上からの受付、上限は8人。団体割引により、1人1万5000円で2日間のプログラムを受講出来る。

 同社は、「買取り査定の生命線、オークションの基礎である検査技術を、毎週2000台以上の出品車を査定する『検査のプロ』(ベイオーク検査員)が講習します」とする。検査品質に定評のある同社ならではの取り組みで、毎年多くの会員がキャンペーンを利用し、スタッフのスキルアップに生かしている。

 講習では、タブレット端末を用いた最新プログラムと現在の市況に合わせたメーカー、車種を中心にレクチャーする。キャンペーン期間中の特別価格で、検査・査定に関する即戦力を養成したいところ。若手スタッフもこの期間にスキルアップし、年後半からは繁忙期となる年末、年度末商戦にかけて、営業現場の最前線で大活躍することになりそうだ。

AA会場 ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系