次年度事業計画、整備業の実態調査結果を発表 - グーネット自動車流通

2022年8月19日 [金曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

次年度事業計画、整備業の実態調査結果を発表

整備 2015年02月10日
総整備売上高、1.8%増の5兆5169億円
会社名:日本自動車整備振興会連合会
自動車整備記者説明会(写真中央:日整連・下平隆専務理事

自動車整備記者説明会(写真中央:日整連・下平隆専務理事

拡大拡大する

 日本自動車整備振興会連合会(日整連・橋本一豊会長)は2月9日、「平成27年度の事業計画」および「平成26年度自動車分解整備業の実態調査結果の概要」について、自動車整備記者説明会を開催した。

 平成27年度の主な事業項目は、「業界振興活性化対策、業界健全化策、法制税制対策、行政協力交通安全対策、ICT化促進対策、環境保全省資源対策、自動車使用者対策、整備技術の向上対策」等の全12項目となった。

また、平成27年度より取組む事業として、ハイブリッド車&電気自動車専用記録簿の作成、整備士確保対策の推進、継続検査手続きのOSS(ワンストップサービス)化などについて新たに検討を始める。

 整備技術の向上対策としては、各振興会でスキャンツール基本研修・応用研修実施を支援。各研修修了者にはフォローアップとなる研修実施に向け準備をすすめる。また、現在約4200あるスキャンツール活用事業場の認定を今後も促進を図る。整備技能向上を目的とした全日本自動車整備技能競技大会も今年で20回をむかえ、10月10日、東京ビッグサイトで開催されることが決定した。

 平成26年度自動車分解整備業の実態調査結果の発表では、総整備売上高は、前年度と比較すると952億円(1.8%増)の5兆5169億円となった。




[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること