【トップインタビュー】ジップ・藤田吉宣社長 - グーネット自動車流通

2024年5月20日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【トップインタビュー】ジップ・藤田吉宣社長

企業・団体 2024年05月11日
“輸入車のジップ”を軸に量と質を追求し、多くの会員が集う会場に
会社名:ジップ
藤田社長

藤田社長

複数画像有

拡大拡大する

 ジップ東京会場は5月に単独開催5周年を迎えた。この間、輸入車正規ディーラーコーナーやヴィンテージカーコーナーの特設など、“輸入車のジップ”に相応しい取り組みを通じ、順調に出品台数、会員数を伸ばしている。2024年4月に堀正隆社長からバトンを託され、代表取締役に就任した藤田吉宣社長にジップの現状と今後の展開について話を聞いた。

■ジップの現状は
 我々ジップは、皆様のご協力をいただきオークション事業も好調に推移している。良質な出品車の安定した台数を維持することで、成約率も徐々に上がってきている。これも皆様からご支持いただき、多くの良質車の商い、売り買いできる場としてジップが認知されている賜物だと感謝している。特に永きにわたりジップと言えば、“輸入車のジップ“と注目され、会員の皆様にはご愛顧いただいているが、国産車コーナーにおいても良質な車両も出品され、注目度も上がってきている。

■ZIP東京会場の現状と今後について
 ジップ東京会場においては、単独開催になり5月で5周年を迎える。当初はスタート200台規模の会場であったが、年々回を増すごとに安定した台数を維持することが出来ている。本年は量と質により、より多くの会員の皆様にご参加いただけるよう社員一同目指している。
 「メルセデスベンツ」「BMW」の正規ディーラーコーナーでは約90%の高成約率を維持し、現在は年1回開催の「ヴィンテージコーナー」も多くの参加者の注目を集め、集っていただいている。現在では毎開催、出品台数も400台を超えるまでに成長しており、引き続き多くのお客様にご利用いただける会場づくりを目指していく。

■ZIP大阪会場の現状と今後について
 ジップ大阪会場においては、永年の歴史もありディーラー出品の多さを強みにご支持をいただいている。東京会場と同様に「ヴィンテージコーナー」や「メルセデスベンツディーラーコーナー」を開催し、本年度においては正規ディーラーの出品に限らず、輸入車別にコーナーを設け多くの出品店様より、出品を募る取り組みも予定している。

■ジップが目指すものは
 古くから中古車に携わり、出品店と落札店、そしてオークション会場の運営を行う上で、お客様の気持ち・ニーズをくみ取りかゆいところに手が届く、又、ニーズに応えられるような体制づくりを社員一同目指し、日々切磋琢磨しながら行っていく。

 ZIP東京会場は5月18日に「ZIP東京会場単独開催5周年フェスタ」を開催する。当日はZIP東京会場歴代最高出品台数を目指す。また、来場取引賞に「ZIP東京オリジナルTシャツ」を用意し、セリとイベントで単独開催5周年開催を盛り上げる。

ZIP東京 ZIP大阪
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること