新潟整振が初優勝、磨いた技術ここに輝く - グーネット自動車流通

2023年2月6日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新潟整振が初優勝、磨いた技術ここに輝く

整備 2022年11月26日
第23回全日本自動車整備技能競技大会を開催
会社名:日本自動車整備振興会連合会
写真左から竹林会長、石田選手、久保選手

写真左から竹林会長、石田選手、久保選手

複数画像有

拡大拡大する

 日本自動車整備振興会連合会(日整連・東京都港区)は11月26日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で第23回全日本自動車整備技能競技大会を開催。全国45整振が参加した。同大会が開催されたのは2019年以来3年ぶりとなる。

 競技は1年定期点検整備及び故障診断を行う「実車競技」(配点:700点)、点検整備に必要となる一般的な技能を審査する「基礎競技」(同100点)、カーオーナーへの受入・問診・納車説明をロールプレイング形式で審査する「アドバイザー競技」(同200点)の3種類の競技(合計1000点)が実施された。

 各振興会は2人1組のチームを作り、カーオーナーに扮した審査員から問診し、トヨタ自動車「ヤリス」の1年定期点検整備を実施しつつ、エンジン及びボディの故障部位計6個所を発見、納車説明するまでの技術力と顧客対応力を、3競技合計90分間で競い合った。

 競技の結果、新潟県整備振興会が880点という高得点で優勝。全体の平均点も722.6点と、ハイレベルな争いとなった。上位3チームの選手と得点は次の通り(括弧内は会社名、敬称略)。

優勝:新潟=石田俊行(ナカノオート・久保仁(久保モータース)880点
準優勝:静岡=新村翔希(浜松初生工場)・鈴木康平(浜松有玉工場)865点
第3位:千葉=石田健太郎(イシダオート工業)・池上亮(ユタカモータース)856点














[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること