【JUトップインタビュー】JU岐阜の横山隆仁会長・理事長に聞く - グーネット自動車流通

2021年11月29日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【JUトップインタビュー】JU岐阜の横山隆仁会長・理事長に聞く

ひと 2021年10月26日
JUの特性を活かし地域密着のサービスを行なうことが重要
会社名:岐阜県中古自動車販売協会・商工組合

 今年5月の通常総会を経て再選、2期目をスタートしたJU岐阜で会長・理事長を務める横山隆仁氏。長年培った経験と厚い人望、固定概念にとらわれない自由な考え方で、精力的に組織をけん引している。自動車業界が大変革期を迎えているなか、新型コロナウイルスの感染が拡大。難しい時代に突入したこの時期に、どのような舵取りをしていくのかを聞いた。(福井伸幸)

■新体制はコンパクトでレスポンスが良い組織
 今年度は委員長人事を大きく刷新、6名体制から3名体制に変更、スリム化した。各委員会の委員長は3名の副理事長に依頼、金融と小売振興など比較的連動性のある2つの委員会を1名で担当している。各副理事長の業務量は増加したが、コンパクトな組織になったことでレスポンスが良く、また、3名が副理事長に就いている為、隔週開催している「正副会長会」で、全ての委員会が掌握でき、情報の共有が図りやすくなった。

■地域に根付いたサービスでオンリーワンへ
 コロナ禍により生活様式が大きく変化している。アフターコロナとニューノーマルを見据え、柔軟に対応できる組織づくりをしなければならない。また、人口減少やサブスクリプションなどにより保有台数が減少、環境が大きく変わるなか、組合員が存続していくためにも組合がサポートしていかなければならない。近年、全国規模の大手販売店が参入、競争が激化している。全国にあるJUネットワークを活かすとともに、地域に根付いた販売店だからこそできる、マニュアル通りではないユーザーに寄り添ったサービスを行ない、オンリーワンになる必要がある。業界全体が大きく変化していく時代だからこそ、JUのブランディングを整え、地域密着のサービスを行なうことが何よりも大事になる。

■次の時代を見据え、環境づくりを整備
 次世代のリーダーに向けスムーズにバトンが渡せる環境を構築していく。アフターコロナなど今の時代にあったルールづくりをしなければならない。その為に、定款や規定、規約の見直しに着手していく。役員、事務局とコミュニケーションをとりながら、会長・理事長として組織をまとめるとともに、後進の育成に注力をしていきたい。

■プロフィール
横山隆仁氏(よこやま・たかひと)、1959年(昭和34年)4月11日生まれ、62歳。横山モータース会長。2013年5月~20年5月JU岐阜副会長・副理事長。19年5月同会長・理事長。「一期一会」が信条。出会いを大切にして、様々な人から学びを得ている。 

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

ひと関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること