グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

公式バーチャルYouTuberで広報活動、車販拡大にも

 中古車販売店「5-STAR(ファイブスター)」を運営するケーワン(埼玉県越谷市、吉田薫社長)は越谷市に5店舗、三郷市に1店舗、春日部市に新たにリニューアルオープンを予定している埼玉県内で勢いのある販売店だ。22年9月には同社SIX店をオープン。5(ファイブ)を超えるという意味合いの同店では、YouTube、Tiktokなどのデジタルコンテンツを配信している。

 同社が現在力を入れているのが、公式バーチャルYouTuberでの広報活動だ。マスコットキャラクターは「五つ星きらら」さん。同社のデザイナーがイラストレーターに制作を依頼し実現に至った。きららさんは愛嬌があって可愛らしいアニメーションキャラクターで様々なコンテンツを配信し、これまでにおよそ90万回再生されている。

 車に関するナンバーワンのバーチャルYouTuberを目指している。現在は、助手席に乗せたい国民的バーチャルYouTuberというコンセプトで配信を行う。同社のYouTubeチャンネルは決して車両を販売するというものではなく、同社のファンを増やすことと認知度を上げることが目的となる。デジタルコンテンツを増やしていく中でコメント欄から問い合わせをもらい販売につながる例も少なくないという。

 主なコンテンツは、各店舗の車両紹介や車両当てクイズ、職場見学や一問一答の自己紹介、オンライン商談の流れ、車に関するテストや同店営業の紹介、グーネットでの問い合わせランキングなど多岐に渡っている。同社は45名ほどの従業員中、WEB関連に携わる担当者は15~20名ほどとデジタル分野への人員率が高い。新しいものは取り入れるという社風があり、社員の平均年齢も若い。風通しがよく自由な雰囲気で働きやすい職場だという。

 こうした環境があってこそ、最新のバーチャルYouTuberを用いた広報活動が浸透してきた。同社WEB事業部の浅野美月さんは「別業界からの転職だったので皆さんの力を借りながら何とか頑張っています。勉強して知識の幅を広げ、広報や動画といえば浅野さんと言ってもらえるようになりたい」と話す。WEB事業部岩田晴香さんは「音響や動画制作の業界から今の職場に入社しました。今の取組は始まったばかりです。これからも楽しいコンテンツを配信できるように動画チームをサポートし頑張ります」と話している。





なし

オークション

企業・団体

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金