【JUトップインタビュー】JU愛知の新会長・理事長に就任した兼松幸生氏 - グーネット自動車流通

2020年3月30日 [月曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【JUトップインタビュー】JU愛知の新会長・理事長に就任した兼松幸生氏

ひと 2019年08月25日
将来を見据え10年後に「生き残る」組織を構築する
会社名:愛知県中古自動車販売協会・組合

愛知県中古自動車販売協会・組合(JU愛知)の新会長・理事長として5月の通常総会を経て就任した兼松幸生氏(61)。小売振興委員長、金融委員長、指導環境委員長の要職を経験し、直前までは筆頭副会長、副理事長として協会、組合を執行部メンバーとともにまとめ上げていた。全国有数の自動車マーケットである愛知県において、JU愛知の取り組みは全国から常に注目を浴びている。新体制となり、新たに舵を取っていく兼松氏に、今後どのように活動をしていくのかを聞いてみた。(福井伸幸)

■10年後に備えて
 今の事業をしっかりと継続させ数字を確保していくことが大事。この業界は今まで右肩上がりで成長をすることができてきたが、少子高齢化やカーシェアなど急速に進む自動車の「所有から利用」の変化により、縮小することが想定される。この先5年後に「どのようになっているか」の絵を描き、10年後に「生き残る」組織にしていきたい。

■AA会場としての安心
 安心を訴求するためにも検査の拡充が重要となる。そのために、来年度には検査棟建設の着工を行ない、再来年度には完成、運用をしていく。当たり前のことを当たり前に行い、公正な立場として正確な情報を提供していかなければならない。それが使命だと思う。また、来年1月にはセリシステムの刷新を行なう。積極的にインフラ整備を行い、利便性の高い会場にしていきたい。

■効果が実感できる施策
 前年度は、組合設立40周年記念のメモリアルとして、名古屋ドーム冠試合の主催を実施した他、よしもと祇園花月貸切公演鑑賞バスツアーやラジオでのお店紹介など、組合員様のご商売を手助けする為のブランド力強化に取組んできた。

 今年度は、新メンバーによる小売振興委員会の元、組合員様が効果を実感できる施策に積極的に取り組んでいこうと考えている。また、JU愛知として取り組みが遅れている適正販売店制度にも、全委員会が連携し将来に向けて必ずや有意義となるべき制度となるよう、独自の取り組みも進めていきたい。

 また、金融施策についても小売施策同様に組合員様に恩恵があり、実感できるように取り組んでいく。JUクレジット年間取扱高全国第1位を4年連速で獲得することができているが、5年連続での獲得に向け、金融委員会を中心に、知恵を出していく。

■全員で考える組織に
 各委員会の横のつながりがしっかりしてきている。また、若い方がどんどん意見を出して活気のある組織となっている。今後は多くの意見を取り入れながら、事務局も含め全員で考え、目先ではなく将来を見据えられるようにしていきたい。そのために会長・理事長としての役目を全力で務めていく。

<プロフィール>
兼松 幸生(かねまつ・ゆきお)氏。1957年(昭和32年)11月愛知県名古屋市生まれ、61歳。カネマツ自動車株式会社代表取締役。座右の銘は“Be in NOW”(今しかない)、趣味は食べ歩き。 

JU愛知 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

ひと関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること