『あったかオークション』の気持ちを持ち続けて - グーネット自動車流通

2020年11月24日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

『あったかオークション』の気持ちを持ち続けて

オークション 2017年05月30日
25周年記念AA開催
会社名:アライAA仙台
左からJU秋田・最上流通委員長、荒井社長、荒井会長、JU青森・石山会長

左からJU秋田・最上流通委員長、荒井社長、荒井会長、JU青森・石山会長

複数画像有

拡大拡大する

 アライオートオークショングループのアライAA仙台会場(宮城県大和町・草間昭仁社長)は5月23日、「開場25周年記念AA」を開催した。

 当日のセリは出品1076台を集荷。うち新規出品比率は91.4%と出品車の大半を占め、新鮮な車両にセリは活況を呈した。中でもディーラー会員、リース・ファイナンス会員から7割以上の出品を受け、高年式車両や人気車種の出品を中心に成約を押し上げた。セリ結果は、成約814台、成約率75.7%の高実績を記録し、周年記念に相応しい盛会となった。

 セリ前のセレモニーで挨拶に立った荒井寿一会長は「25周年は一つの節目。こういう時こそ原点に立ち返りたい。仙台会場はスタート以降『あったかオークション』をキャッチフレーズに運営してきた。このおもてなしの気持ちを30年、40年と持ち続け、皆様に寄り添っていく会場を目指していきたい」と述べた。続けて「JU東北は一枚岩と感じている。結束の強いJU東北の一員に加えていただき心強い」と述べた。

 続いてアライAA仙台・草間社長が挨拶に立ち「厳しい市況の中で生き残るためには、人・サービス・施設のそれぞれにおいて一つひとつを高めていくことが必要。この25周年を新たなスタートとし、明るく活気のある会場、より使いやすいアットホームな会場にしていく為に不退転の決意で取り組んでいきたい」と述べた。

 最後に来賓を代表しJU青森・石山英二会長が祝辞を述べ、JU秋田・最上育洋流通委員長による乾杯の発声でセリがスタートした。

 当日のイベントは、周年開催恒例の「特設お買い物市場」を実施。今回は、宮城県の農業生産法人㈲伊豆沼農産のハムなどの肉加工食品を案内した。また、「25周年アニバーサリーイベント」として、仙台会場の女性従業員が演出するフラワー抽選会、メロンパンのケータリングサービス、ポルトガルワインと野球観戦チケットが当たるセリ前抽選会の三つのイベントを実施し、25周年の節目を会員と共に祝った。

 記者懇談の場で荒井社長は「昨年10月から草間社長と尾籠執行役員体制となったが、この半年で成果が表れている。2016年5月から1年を比べても成約率は5ポイント上昇し、70.7%になっている。この背景にはレンタリースコーナーの拡充と併せワンストップサービスの提供、加えてディーラー買取店コーナーの設置が寄与している。お客様満足と出品店落札店の満足を追求し、東北でNo.1の成約率を目指していきたい」と語った。

 久保田剛会場長は「運営側として、出品車の画像枚数追加や検査の徹底、また、webへの早期掲載が成約率の向上に繋がっている。組織体制も変更し、出品店様としっかり連携も取れている」と語った。

 草間社長は「挨拶で述べたとおり、人・サービス・施設のそれぞれにおいて一つひとつを高めていくことが必要。人は継続的に手を打っていく。サービスは運営の仕方。画像を例としてもお客様が望んでいる画像は何か。お客様に接しないとわからない。お客様満足の追求が求められる。施設は移転の可能性も含め検討している。まだまだやれることはある」と語った。

アライオートオークション仙台 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること