ドライブ振興に「兵庫五国」のオリジナルアロマ - グーネット自動車流通

2019年12月6日 [金曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ドライブ振興に「兵庫五国」のオリジナルアロマ

整備 2019年10月29日
女性中心のプロジェクトを始動、地域経済活性化へ
会社名:兵庫県自動車整備商工組合
オリジナルの「兵庫五国」アロマを製作

オリジナルの「兵庫五国」アロマを製作

拡大拡大する

 兵庫県自動車整備商工組合(西原興一郎理事長)は2020年度の具体化を目指し、兵庫五国(淡路、摂津、丹波、但馬、播磨)のイメージアロマを作成し、組合員の各整備工場に展開する。組合員を通じて、ドライバーに配布するもので、アロマの香りを通じて、兵庫県内各地への関心を高めてもらい、地域経済活性化につなげることが狙い。

 今回のプロジェクトは兵庫県中小企業団体中央会の企業連携グループ集中支援事業としてスタート。プロジェクト名は「Kaoru Hyogo×Drive Project」。同商組の女性職員を中心に、組合員から太田叶子さん(弁銀モータース社長)、太田喜代子さん(橘自動車整備社長)らがプロジェクトメンバーを務め、アロマーメーカーの植物セラピーあろあろが協力し、オリジナルアロマオイルを粉末状にしたグッズを製作するもの。兵庫五国をイメージしたパッケージに入ったアロマは自動車の車内に置くことで香りが広がる。

 製作するオリジナルアロマの香りイメージは「淡路」が様々な花に溢れる島のイメージからローズゼラニウム、パチュリなどをブレンド。「摂津」が園芸の土地、宝塚のイメージから柑橘系レモン、マンダリンオレンジなどをブレンド。「丹波」が杉のイメージからレモングラスですっきりとした印象に。「但馬」が有名な養父のヒノキの木材のイメージからヒノキをベースにパッションフルーツなどをブレンド。「播磨」が代表的な多可のラベンダーパークのイメージからラベンダーをブレンドする。

 それぞれのパッケージカラーとサブネームも「淡路」がサーモンピンクと花の国。「摂津」がマンダリンオレンジと光の国。「丹波」がレモングリーンと里の国。「但馬」がダークブラウンと山の国。「播磨」がスカイブルーと星の国に決めた。

 今回のプロジェクトはドライブを通じた地域振興を目的とするもので、各組合員の整備工場では、入庫客へのノベルティーなどに活用、ドライブを通じた兵庫県の観光振興や経済振興につなげる。また、各整備工場と顧客のつながり強化にもつながることが期待される。

 こうした取り組みは、地元テレビ局や新聞社などにも取り上げられ、大きな期待が寄せられている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること