「くるま買取」スタート - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)12月11日 [火曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

「くるま買取」スタート

企業・団体 2018年11月23日
統一ブランド・ルールのもと買取事業展開
会社名:JU東京
買取事業の背景を語る川口小売政策委員長

買取事業の背景を語る川口小売政策委員長

複数画像有

拡大拡大する

 JU東京(東京都足立区・萩田典雄会長理事長)は、12月より中古車買取事業を開始する。

 買取事業はJU東京認定「くるま買取」制度の参加条件に賛同した組合員を対象とし、JU東京ブランドを掲げ展開していく。

 「くるま買取」制度の参加条件は8項目を設定。中でも注目すべきは「売買契約日から7日間はキャンセルを受ける」というクーリングオフを掲げている点にある。「JU東京」という旗のもとで、ユーザーに安心と信頼を提供し、買取事業を行う。

 買取事業を行う背景について川口小売政策委員長は「買取は、JU東京加盟店のどの店でも行なっている。ただ、加盟店の中でも買取を謳っている店舗は少なく、ユーザーも買取は専門店が行うものとの雰囲気がある。ただ、買った車を小売に転換できるのは良いこと。JU東京だけでも250社はある。東京都下に250のチェーン店ができると考えれば、ユーザーへの訴求力も高まると考える」と話す。

 買取対応は参加個店各社が行い、現在参加を表明している8社9店舗にユーザーが直接電話を掛ける仕組み。

 川口委員長は「まだ、参加者数は少ないが興味を持っている組合員は多い。買取は会員のためになる事業。今後、時代がどう変わるかわからない。動かないことが一番のリスク。また、始めることで改善点も出てくれば、わかることもある。委員会が『まずはやろう』と背中を押してくれた」と語った。

JU東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系