売上高が過去最高の570億円に - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月25日 [火曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

売上高が過去最高の570億円に

企業・団体 2018年09月11日
第15期の決算を発表
会社名:ビィ・フォアード
過去最高売上高を記録

過去最高売上高を記録

複数画像有

拡大拡大する

 中古車輸出販売のビィ・フォアード(東京都調布市・山川博功社長)は、第15期(2017年7月~2018年6月)の決算において、売上高が過去最高の570億3577万円(前年対比142.5%)に、主力商品である中古車の輸出台数は15万436台(前年対比133.5%)となった。

 会計年度における市場状況としては、一部の国に中古車輸入規制強化の動きがあったものの、総じて回復基調にあり、直前2期の売上減から一転、過去最高のV字回復となった。主な要因として、2015年8月からのチャイナショックに起因する、新興国通貨下落に伴う景気低迷からの回復が業績を牽引し、アフリカ地域の販売台数は8万1538台(前年対比139.4%)で、販売全体の54.2%を占めている。また、オセアニア地域、中央アジア地域も共に前年対比110%を超えており、広い地域での堅調さが底支えとなっている。

 しかしながら、ミャンマーやジャマイカ、モーリシャスなどに見られる急な中古車輸入規制強化など、販売減速につながりかねない不安要素も潜在的にあり、業績安定のための市場とサービスの拡大が課題となっている。こうした中、ビィ・フォアードでは数年前より3つの施策に取り組んでおり成果を上げている。

施策①現地基盤強化
ガーナ、パラグアイ、ドミニカ共和国など新たな6ヵ国に公式エージェントオフィスをオープンし、提携社数は29社から17社増え46社となり、現地の店舗数も37店舗から26店舗増え63店舗となった。現地のエージェントオフィスでは主に同社サイトで販売された中古車の通関サービス、購入代金の日本への送金サポート、輸入書類手続きのサポート、港から最寄りの都市までの配送サービス、アフターサービスなどを手掛けており、現地のニーズに応えたきめ細かなサービスを拡充している。今後は、主要マーケットのアフリカ地域、カリブ海地域、オセアニア地域を中心に現地エージェントオフィスの整備を進め、100店舗まで増やす計画である。

施策②三国間貿易の強化
 三国間貿易を強化するため、2017年7月に韓国の総合金融グループKBキャピタルと業務提携を行い、韓国での中古車仕入れを本格化した。提携開始当初100台規模だった韓国在庫は、2018年6月時点で1万台を超えており、年間2347台(当会計年度)を韓国から輸出した。韓国同様の取組みをシンガポール、タイ、UAE、ジョージア、オランダ、ドイツでも行っており、車両掲載の海外比率は、2017年6月時点の2.8%から2018年6月時点の57.1%へと大きく増加した。今後は、仕入れ対象国をさらに拡大し、新たに5ヵ国程度の新規国を開拓する計画である。

施策③取扱い商品の多様化
 2015年より中古自動車パーツの販売を開始し、掲載点数は112万点(2018年8月28日現在)を超えている。また、2014年より試験的にスマートフォンやノートパソコン、カメラ、腕時計といったエレクトロニクス商品を取り扱っているが、その取組みを本格化し、前述した商品に加え中古農機具、中古複合機、家電製品、古着などもラインナップし、自動車と自動車パーツ以外の掲載商品点数は750点を超え、更なる新商材の拡充に取り組んでいる。今後は、多商品化に伴う少額決済と少量配送サービスを強化し、更なる需要を喚起する計画である。

 また、社員数は、業務拡大に伴い前年の177名から29名純増の206名となった。採用での新しい取組みとしては、2018年4月度入社より創立来初めての新卒採用を始め、6名の新卒社員を採用した。2019年4月度の新卒採用計画は10名を予定している。さらに、JICAが派遣している青年海外協力隊の帰国隊員の採用にも力を入れている。

 第16期は、引き続き主要取引先のアフリカをはじめとした新興国経済の緩やかな回復が見込まれており、中古車の輸出台数は今期比32.9%増の20万台、売上高は同40.3%増の800億円を目指す。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系