7月鉄スクラップ市況情報 - グーネット自動車流通

2019年(平成31年)1月17日 [木曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

7月鉄スクラップ市況情報

相場・統計 2018年08月09日
市況は堅調感を保つことが想定
会社名:日本鉄リサイクル工業会

 日本鉄リサイクル工業会(東京都新宿区)は8月1日、国内の鉄スクラップマーケット情報を発表した。7月の国内鉄スクラップ相場は、堅調な内需を追い風に底堅く推移した。6月に関東を中心に下落基調を辿った国内相場は7月に入ると下げ止まり、各地で落ち着きを見せた半面、反発力は乏しく、方向感を欠く展開ともなった。7月末時点のH2炉前価格は、関東が3万4000~3万4500円、関西が3万3500~3万4500円を形成し、前月比500円前後上昇している。

 下旬には一部の電炉メーカーが炉休入りしたものの、猛暑の影響による市中回収量の低迷や高水準の船積みを背景に国内需給は引き締まり感を漂わせた。内需は引き続き堅調で、電炉鋼の粗鋼生産は6月まで21ヵ月連続で前年同月比プラスを記録している。

 一方、海外ではトルコ向け成約価格が下落基調を辿るなど軟調に推移し、国内外の温度差が指摘された。日本からの新規輸出成約はベトナムや韓国向けともに前月比1500~2000円上昇したが、様子見を続けた海外需要家も多く、輸出商談は盛り上がりを欠いている。

 今後は本格的な夏季減産期を迎えるため国内需要の落ち込みが見込まれる半面、夏枯れによる回収の低下も見られ需給緩和は見込めず、市況は堅調感を保つことが想定される。



[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

相場・統計関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • 三菱 デリカD:5 / CV系 前月比:120% 平均落札:1,654千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:118% 平均落札:844千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:116% 平均落札:854千円
  • 日産 ラフェスタ / CW系 前月比:112% 平均落札:596千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:112% 平均落札:601千円

三菱 デリカD:5 / CV系
三菱 デリカD:5 / CV系

急落車種TOP5

  • スバル インプレッサスポーツ / GP系 前月比:90% 平均落札:818千円
  • トヨタ ハリアー / 30系 前月比:91% 平均落札:671千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:91% 平均落札:1,251千円
  • ホンダ フィットハイブリッド / GP5~系 前月比:92% 平均落札:870千円
  • スバル フォレスター / SH系 前月比:92% 平均落札:568千円

スバル インプレッサスポーツ / GP系
スバル インプレッサスポーツ / GP系