出品票デジタル化の試験導入開始 - グーネット自動車流通

2021年10月17日 [日曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

出品票デジタル化の試験導入開始

オークション 2021年10月13日
オートオークション事業のDXを推進
会社名:ユー・エス・エス
出品票のデジタル化にあわせ検査タブレットを導入

出品票のデジタル化にあわせ検査タブレットを導入

拡大拡大する

 ユー・エス・エスは10月8日、DXの取り組みの一環として、出品票のデジタル化に向けた本格試験導入を開始した。試験は約1カ月間を予定、名古屋会場にて実施する。8日のオートオークションでは105台の出品票がデジタル化された。今後は徐々に台数を増加、試験後半では300台規模を想定している。

 デジタル化の導入は今年1月に正式発表を行い、直後より名古屋会場を始め3会場で、検査タブレットのテストを実施していた。今回の本格試験導入は、従来のテストから一歩踏み込み、会員がCISもしくはスマートCISから入力した車両情報を基幹システムに取り込む。そのデータを元に検査タブレットを使用して検査を行った後、車両データと検査データをマッチングすることでデジタル化した出品票が完成する。

 デジタル化のメリットはデータの精度および業務効率の向上、CIS掲出などWEBへのスピードアップなど多岐に渡り、会員サービスにもつながる。従来であれば、出品車両データ作成のため、手書きの出品票を元に社内でデータ入力を行う。これにより誤入力が起こる可能性があったが、今回のデジタル化にともない、入力業務の必要がなくなることで、データの精度が向上する。また、入力工程を省くことができるため、業務効率向上にもつながるとともに、CISやスマートCISへの掲出タイミングも早くなる。デジタル化されることで、手書きの出品票と比較して文字が読みやすいなどの利点もある。

 赤瀬雅之専務は「全体のフローは完成したが、細かい修正をする必要はある。できるだけ早い段階で他会場への展開を行っていきたい。また、ペーパーレス化を進めていくとともに、将来的には多言語にも対応していく」と話す。

USS札幌 USS東北 USS横浜 USS新潟 JAA USS東京 USS埼玉 USS群馬 USS-R名古屋 USS北陸 USS名古屋 USS静岡 USS神戸 USS大阪 HAA神戸 USS四国 USS岡山 USS福岡 USS九州
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること