HAA神戸、USS四国の運営変更などを実施 - グーネット自動車流通

2021年9月17日 [金曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

HAA神戸、USS四国の運営変更などを実施

オークション 2021年05月28日
取引しやすい環境作りに注力、会員利便を向上
会社名:HAA神戸
スタッフ一丸となって「リボーン月間」を盛り上げ

スタッフ一丸となって「リボーン月間」を盛り上げ

複数画像有

拡大拡大する

 HAA神戸(神戸市中央区、安藤之弘社長)は5月後半から同会場とUSS四国会場(愛媛県松山市)の運営変更などを矢継ぎ早に実施している。会員利便を最優先に考えた取り組みで、5月22日から「四国リバース」を再編し、「四国ロープライス売切り」と「四国ホワイト」をスタートした。6月4日からは「30MAX」と「軽四30MAX」の出品手数料を4500円に値下げ・改定した。一方でA・Bレーンのスタートコーナーとして「HAAファースト」(100台限定)を特設し、同会場初出品車のボリューム増を図る。

 四国会場のセリコーナーは同会場のG・Hレーンに配置されていて「四国ロープライス売切り」、「四国ユーザー」、「四国グリーン」、「四国事故現状」、「四国ホワイト」の順に進行する。低額コーナーを分離し、スタート売り切りの2コーナーで応札しやすく運営変更した。「ホワイト」の応札保証額を大幅に見直し、四国4県内からの出品促進を図る。これは地元出品店の強い要望から生まれた改定で、USSグループとして馴染みのあるコーナー展開として早期定着を図る。

 6月4日からの手数料見直しでは「30MAX」と「軽四30MAX」について、低価格帯に見合った出品手数料として4500円に値下げすることで、出品しやすい環境作りにつなげる。これによる出品ボリューム増は2割程度を見込む。

 一方で、6月の月間特設コーナーとして「HAAファースト」を特設する。出品条件は過去2カ月以内に同会場出品歴が無い評価点3点以上の国産車。セリ順はA・Bレーンの先頭とし、限定100台で試行する。

 5、6月にかけ大幅な運営変更などを展開する一方で、6月は「リボーン月間」としてスタッフ一丸となって、会員へのイベント訴求を行う。従来までの「出品台数」から「参加者数」にこだわったAA運営に転換、会員から喜ばれる会場運営を目指す。萩田匡利会場長は「スタッフ一丸となって、会員の皆様から『ありがとう』と言っていただけるような行動を目指したい。広域からの取引参加が特徴で、出品車の質も群を抜いて高い。これからも会員の皆様の利便性を高めていきたい」と話す。

 こうした中、同会場の敷地運用が年内をめどに変更になる。これまで会場敷地の中央を南北に縦断していた市道部分が会場敷地として利用可能になる。約6000平方㍍が市道から敷地に転換されるため、敷地境界のフェンスなども神戸市によって撤去され、20㍍×300㍍に及ぶ敷地の拡張となり、出品車置き場として有効活用される。

HAA神戸 USS四国
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること