ジャパンバイクオークション(JBA)/「販売店の支援に流通機能構築が使命、『質、スピード、量』を…

2022年10月5日 [水曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ジャパンバイクオークション(JBA)/「販売店の支援に流通機能構築が使命、『質、スピード、量』を追求したBA構築に徹する」

オークション 2011年07月19日
ジャパンバイクオークション(JBA)金島雅哉専務

ジャパンバイクオークション(JBA)金島雅哉専務

複数画像有

拡大拡大する

 「BAはこれからの流通機能を構築し、より販売店の商売を支援できるようにすることが使命。当社は創業以来『餅はモチ屋』と、BAに徹することを基本方針にしています」
 とジャパンバイクオークション(兵庫県西宮市・以下JBA)の金島雅哉専務は言う。

 その方法のひとつに「先行して市場形成の進んだ四輪AA(以下AA)、その大型会場を手本にして「質、スピード、量」を追求している」という。

 JBAは西日本の物流の要衝・阪神湾岸地区に立地。陸海の交通、輸送で高い利便性を備える。そのため、国内、輸出と多様なニーズが寄せられている。
 また、会場は収容能力と取引機能を備えたAA会場の設備を利用、文字通りAAを手本にした取引場構築を推進。

 それは開催実績(別表・画像2)にも反映され、集荷、成約率とも国内上位実績に。
 また注目点はAAの有力大型会場と同様の高い外部落札比率で、対全国で発信し買いが入る取引状況が分かる。それはweb会員の高い構成比率と全国への分布からも裏付けられる。
 そのため、全国のweb会員へのフォローも重要なポイント。同社は関東地区に常駐スタッフを1名配置し、訪問を含めた対応を行っている。

 そして、質にはこだわりを持つ。検査は1台につき箇所を分け2名以上で実施。
 「箇所別に検査の担当分けすることで、しっかりと見分けることが出来、また人間の違いでの検査のぶれも抑えられます。」
 また、構内での走行検査も実施。車体全体での走行機能の比重が高い二輪車では重要なポイント。

 また、同社は軽バンの営業車に検査サンプルのモンキー、スクーターを各1台搭載。
 それぞれ大型MT車、AT車のサンプルとして同社の検査内容を会員に説明し、会員の商売に役立ててもらう。このユニークな方法も「質」へのこだわりゆえ。

 では、BAの将来像はAAの現在の姿なのか?
 「おそらく、そうならないでしょう。」と金島専務。
 「バイクはユーザーの嗜好性が高く、個々の購買行動や車両の個性が四輪より強いですから。」

 現在のAAは市場形成により相場など情報が平準化されている。バイク、BAはそれに多様な個性や嗜好のベクトルがネットを通して交差し、より立体的に大きさを持った市場になるのか。

 「でも何より、バイク販売店はバイクが好きで、少額の仕事でも真面目にやっている人が多い。それを応援していきたい。それが将来像ですね。」(金島専務)

[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること