【連載企画】File35中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2021年3月7日 [日曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File35中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2021年01月26日
値引きの方法によって経理処理が違うってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【3つの値引きパターン】
 中古車販売店での商談において日常的に行われている「値引き」という行為ですが、今回は実務現場で採用されることが多い3つの値引きパターンについて、その経理処理方法をご紹介します。

【特定の項目を減額】
 1つ目は特定の項目を減額する値引き方法です。例えば、車庫証明の代行費用などをサービス(減額または無償化)する場合などがこれに当たります。このケースでは、特定の項目が減額または無償化された注文書のとおりに「手数料売上高」などの科目を減額または計上しないだけで値引きに係る経理処理は完了します。このパターンの値引きの場合は、特に難しい処理はありません。

【支払総額からの減額】
 2つ目は支払総額から一定額を減額する値引き方法です。例えば、支払総額がキリの良い数字となるよう、端数分をカットする場合などがこれに当たります。このケースでは、どの項目から減額したのかが明確ではありませんので、車両本体価格からの値引きと考えるのが一般的です。注文書を入力する際には、本来の車両本体価格から値引きした金額を控除した額で「車両売上高」を計上しましょう。

【下取り価格を高くする】
 3つ目は下取り車の査定額を高くすることによって値引きをする方法です。本体値引きは行わないといった店舗方針だったり、セールストークのひとつだったりと理由は様々ですが、相場より少し高い金額での下取りが行われることになります。このケースでは、下取り車の仕入価格が大きくなるだけで、「値引き」という経理処理は発生しませんので、「処理なし」となる訳ですが、下取り価格へ上乗せ額があまりにも大きい場合には注意が必要です。

【時価より高い下取り】
 前述の3つ目のパターンで値引き相当額を下取り価格に上乗せする場合、もしその上乗せ後の下取り価格が「時価」を超えるときは、その超える部分の金額を販売車両の値引きとして処理しなければならないケースがあります。ここでいう「時価」とは、下取り相場ではなく、世間相場による売価を指しますので、特殊な事情がない限り時価を超える下取りは通常起こり得ませんが、商談の際は頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

【処理は二の次】
 今回は細かい経理処理について触れましたが、中古車販売店の最大の業務は「車を売ること」です。売った後の経理処理や税務処理に囚われず、まずはお客様との商談をスムーズに進めることを最優先して下さい。お客様との商談の結果、どんなに特殊な取引になったとしても、会計や税務の原則に基づいて1つ1つ冷静に考えれば、おのずと正しい処理方法は見えてくるものです。



【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること