8月29日に「旧車現状コーナー」を特設 - グーネット自動車流通

2020年10月29日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

8月29日に「旧車現状コーナー」を特設

オークション 2020年08月17日
会社名:JU岐阜羽島オートオークション

 JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県羽島市、熊﨑尚樹社長)は8月29日開催のオートオークション(AA)で6月に続いて今期2回目となる「旧車現状コーナー」を特設する。

 同コーナーは6月27日の開催で、6年ぶりに特設コーナーとして復活、KP30パプリカ、G610ブルーバードなど昭和を中心とした往年の名車、陸王、カワサキZ2などのオートバイ50台以上の車両が出品され、成約率80%を超える盛況ぶりを見せた。今回もすでにDMCデロリアンや初代ダイハツ・タフトなど注目度の高い車両が出品予定となっている。

 出品条件はモデル年式平成10年までの車両で、未検査、屋外展示。手数料は出品料2万円、成約料2万円、場内落札料7000円、商談落札1万2000円となる。また、一部車両については、AA会場内にて入札会を実施、会場で現車を確認した会員を対象に書面による入札を受け付け、最高入札額での落札(落札料1万2000円)となる。

JU岐阜羽島オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること