【連載企画】File25中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2020年4月6日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File25中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2020年03月25日
「決算」と「申告」は同じ意味ってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【決算と申告は違うモノ】
実務においては、「決算申告」という言葉が良く使われますが、この「決算」と「申告」の内容は、全く別モノですので、これらは分けて考えておく必要があります。そこで今回は、この「決算」と「申告」それぞれの内容を整理し、実務担当者が年に1回のイベントである決算業務を効率的に行うためのポイントをご紹介します。

【決算って誰がやる?】
日々の経理業務の集大成として決算数値を確定させることを「決算」と言いますが、この決算作業は、会社自身で行うケースと税理士が行うケースの2通りがあります。経理担当者がいたり、経営者自らが経理を行っている会社の場合には、自社で決算作業を行うケースが殆どです。一方、日々の経理を税理士に丸投げし、記帳代行を依頼している会社の場合には、決算作業は税理士が行います。なお、決算作業で確定させた決算数値を基に、税金計算をし、申告書を作成・提出することを「申告」と言いますが、この申告作業は、原則として税理士が担当します。

【決算仕訳の役割分担】
決算業務を効率的に行うためのポイント1つ目は、会社と税理士との役割分担を明確にすることです。決算数値を確定させるために追加する仕訳(=決算仕訳)の中には、会社が行うべきもの、税理士が税金計算に伴って追加すべきもの、そしてどちらが行っても良いものが存在し、これらの役割分担と処理スケジュールを事前に決めておくことで、効率良く決算業務を進めることができます。

【決算業務のルーチン化】
決算業務を効率的に行うためのポイント2つ目は、決算業務を年に1回のルーチン業務と捉えることです。まずは、日々行うこと、月次で行うこと、年次で行うこと、それぞれの業務を棚卸して、書き出してみて下さい。日々の業務が、そして月次の業務がきちんと行われていれば、決算業務として行う処理がとてもシンプルで少ないことにお気づき頂けると思います。

【節税対策と決算予測】
 決算業務に関連して、皆さまが最も興味があるのが「節税対策」だと思いますが、この節税対策というのは、決算日(事業年度末)までに実行する必要があるものが殆どです。つまり、効果的な節税対策を行うためには、決算日より前に決算数値を予測し、その決算見込に基づいて、対策を練る必要があるのです。節税対策を行うか否かに関わらず、スケジュールに余裕をもって決算業務を行うこと、これを決算業務を効率的に行うための3つ目のポイントとして挙げさせて頂きます。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること