【会場長インタビュー】 USS東北の水野豊茂会場長に聞く - グーネット自動車流通

2020年4月10日 [金曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【会場長インタビュー】 USS東北の水野豊茂会場長に聞く

オークション 2020年02月25日
東北エリアシェア奪還に向けて
会社名:USS東北
USS東北水野豊茂会場長

USS東北水野豊茂会場長

拡大拡大する

 昨年10月、ユー・エス・エスの人事異動で、USS埼玉会場長からUSS東北会場長に着任した水野豊茂氏。1994年(平成6年)東京会場開設準備メンバーとして入社。その後20年に渡り東京会場の営業部(車両課、営業課)に勤務、毎年1000台を超える同会場の出品増を支えた。

 2014年10月に埼玉会場長に就任すると、地域密着型のスタイルでありながら同社会場が存在しない山梨県など近隣エリアにも活動の拠点を拡大、月に一度の記念開催や東京スバルコーナーを企画するなどで着実に実績を積み上げてきた。

 2019年10月に東北会場長に就任すると、目標を東北エリアシェアナンバーワンを掲げた。かつては東北エリアでトップシェアを誇る東北会場であったが、他社参入や競合のシェア拡大などで、現在は東北エリア7会場ある中で3番目。出品数が全てではないが、会員の皆様がより「買いやすい」、「売りやすい」を考えるのであれば、やはり、出品数は最重要と考える。そのためには、利便性向上、コーナー編成や新コーナー、イベント企画など会場スタッフ全員で知恵を絞ると話す。

 会員とのコミュニケーションが大切と話す水野会場長は、地元宮城県の会員はもとより、山形県、岩手県、秋田県、青森県、福島県と、持ち前のフットワークを活かした営業活動を展開する。消費増税後のタマ不足の中ではあるが、来場者数と出品店数は徐々に増加し活気がでてきたと手応えを掴んでいる。新たな戦力として新卒3名が配属された東北会場、シェアナンバーワンに向けて邁進中だ。

 3月の20周年記念AAにおいては「東北エリアシェア奪還」の足掛かりとなるような「活気あるオークション運営を会場スタッフ全員で成功させ、会員皆様に満足してもらいたい」と意気込む。


USS東北 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること