1月鉄スクラップ市況 - グーネット自動車流通

2020年8月8日 [土曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

1月鉄スクラップ市況

相場・統計 2020年02月05日
国内鉄スクラップ相場は先安感
会社名:日本鉄リサイクル工業会

 日本鉄リサイクル工業会(東京都新宿区)は2月3日、国内の鉄スクラップマーケット情報を発表した。12月までに値戻しが一服した国内鉄スクラップ相場は1月下旬から急速に値を崩し、3ヵ月ぶりに反落した。月末のH2炉前価格は関東が2万3000~2万3500円、関西が2万2500~2万4000円を形成し、前月末と比べ1500~2000円低いレベルとなっている。

 昨年の日本の粗鋼生産は10年ぶりに1億トンを切ったことが発表されるなど、建材需要の冷え込みを背景に電炉メーカーの生産意欲が依然として低調なうえ、高炉メーカーの市中スクラップ購入も聞かれず、厳しい需要環境が解消されていない。加えて海外ではトルコ向け欧米スクラップ成約価格が底値から約80ドルの値戻しが進んだ反動で早くも30ドル規模下落し、日本産スクラップの韓国向けH2輸出成約は、旧正月シーズン休暇気分もあって前月比1000~1500円安の2万5000~2万5500円(FOB)に後退するなど、各方面で値下げが目立ち始めている。

 新型肺炎の感染拡大に対する懸念は鉄鋼業界でも急速に高まっており、政府の指示で春節休暇期間を延長させた中国の休暇明けの市況動向が注目を集める中、国内鉄スクラップ相場は先安感を漂わせながら月末を迎えている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

相場・統計関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること