新会場2周年記念は今年最多の出品563台 - グーネット自動車流通

2022年8月13日 [土曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新会場2周年記念は今年最多の出品563台

オークション 2019年08月29日
年末年始には撮影システムをリニューアルへ
会社名:IMA九州
小美濃社長が挨拶を述べた

小美濃社長が挨拶を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市、小美濃洋社長)は8月22日、「九州新会場2周年記念モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数は前年同期開催の1周年記念MAの726台には及ばなかったものの、今年最多の563台を集荷、成約率66.1%を記録する活発なセリとなった。

 セリ開始前のセレモニーには、小美濃社長が挨拶に立ち「新会場で2周年を迎えられることが出来ましたが、今後も良いトラックを安心して買える会場として、成約率向上と出品規模拡大を目指してまいります」と話した。

 セリスタート後には記者会見を開いた。伊藤武司会場長は九州会場の運営について「平均出品台数400台に向け、九州会場スタッフが一丸となって取り組んでいる。その中で成約率向上にも注力している。スタッフ全員が気持ちを一つに会員に役立つ会場作りを推進している」と話す。こうした取り組みは社内においても評価が高く「九州会場のカスタマーファーストの姿勢は社内でも安心感があり、心強い存在。良いDNAが根付いている」(小美濃社長)とする。

 同会場では今年の年末年始に撮影システムのリニューアルを予定している。撮影用カメラや撮影システムを最新の機材に一新するもの。「会場に行かなくてもバーチャルで車両状態を確認していただけるように」(小美濃社長)とするように、出品車の画像情報を広く提供して外部からも買いやすいオークションを目指す。こうした中で、シャシーなどの出品車の下回りを撮影出来るよう、最新の下回り撮影装置導入も視野に入れて検討を進めている。「安心して買っていただくためには下回り画像は大変有効。トラックは特にシャシーなど下回りの状態に起因するクレームなども多い。成約率をさらに向上するためにも重要な要素となる」(伊藤会場長)とし、会員目線での環境整備に意欲を見せる。

IMA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること