関西ヤード新社屋完成 - グーネット自動車流通

2020年11月24日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

関西ヤード新社屋完成

企業・団体 2019年03月01日
敷地拡大し西日本の中核拠点としてバントラ・建機AAを展開
会社名:荒井商事
関西ヤード新社屋外観

関西ヤード新社屋外観

拡大拡大する

 荒井商事(神奈川県平塚市・荒井亮三社長)は2月23日、「関西ヤード(荒井商事大阪支店) 」の新社屋完成と敷地拡大に関する会見を開いた。

 当日は荒井亮三社長のほか、草間昭仁取締役ら同社首脳や梶川次長らが出席。「関西ヤード」の概要と今後の同ヤードの展開について説明がなされた。

 「関西ヤード」は中央駐車場として昨年取得した5580坪に加え、東駐車場として今年、新たに5442坪を取得。合計1万1022坪の土地に新社屋と建設機械洗浄対応の洗車設備等も設け、同社の西日本における中核拠点として運営される。
 『関西ヤード』は昨年に閉鎖した『神戸ヤード』と同様にバントラ、建設機械などの複合型商材ヤードとして運営。現時点では映像出品によるセリを予定しているが、年内には10席から15席のポス席設置も予定しており、より利便性を高めることで「関西ヤード」の来場、利用を促す。

 荒井社長は 「バントラ ・建機の営業活動も本格的に行っていく。看板剥離等のサービスも手掛け、利便性の高いヤードとして出品落札会員の利用を促したい。 当面の目標は、建機で月200台(1開催50台) 、バントラで月1200台(1開催300台)の開催を目指していく。 『関西ヤード』の建機成約率は既に小山を上回っており、バントラの出品実績も『神戸ヤード』の台数を既に上回っている。引き続きバントラ ・ 建機に注力していく」と話した。

アライオートオークション仙台 アライオートオークション小山 4輪 アライオートオークションベイサイド4輪 アライオートオークション小山 バントラ
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること