成約率は今期2番目の72.1%を記録 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)11月22日 [木曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

成約率は今期2番目の72.1%を記録

オークション 2018年10月15日
新規出品車が85.8%を占める高鮮度AA
会社名:ベイオーク
会場では行楽シーズンにちなんだ出展

会場では行楽シーズンにちなんだ出展

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は10月10日、「POS導入34周年大記念&第176回SUAA近畿ジョイントオートオークション(AA)」を開催した。出品台数は今期3番目に多い2682台に上り、成約率は今期2番目の高水準となる72.1%を記録する活況だった。新規出品車の構成比が85.8%に上るなど、高鮮度の小売り向け良質車が多く集まり、バイヤーの活発な応札を引き出した。

 セリスタート前のセレモニーでは、和泉英雄部長が挨拶に立ち「皆様のご協力により、2682台もの出品車を集めることが出来ました。最後まで活発なコールをお願いします」と謝辞を述べた。

 当日は8月のお盆休み明けから新設・変更したブロック(コーナー)の「プレミアム」や「新鮮組30」などに多くの出品が集まった。プレミアムは73.3%、新鮮組30が86.8%の高成約率を記録した。中でもプレミアムの成約単価は100万円を上回る101万6000円に上るなど、バイヤーが求める高年式かつ程度の良い、良質小売りダマの受け皿となっており、新たな名物ブロックとして存在感を高めている。両ブロックへの入札件数は出品台数の2.4倍に上ったという。

 また、当日の新規出品車比率は過去5年間の同大記念AAで最高の85.8%だった。新規ダマの多さも同日のAAの特徴となった。

 こうしたセリ内容の充実とともに、会場内では大記念AA恒例のイベント企画が来場会員を楽しませた。秋の行楽シーズンをイメージした出展や抽選会と合わせて、会員の商売に役立つ商品の特別販売会も人気を集めた。
 AA会場西側の屋外展示スペースでは、秋の行楽キャンプをイメージして、軽キャンパーの「ぷちキャン」(カーショップアシスト)とウィードによるルーフトップテント「SKYCAMP」(iKAMPER社)の展示やグッズ販売などを行い、イベント会場のような賑わいだった。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系