4~9月は新会場効果などで躍進 - グーネット自動車流通

2020年11月26日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

4~9月は新会場効果などで躍進

オークション 2018年10月15日
一般会員の出品店件数、出品台数が大幅増
会社名:TAA近畿
新会場効果で来場会員の快適性は大幅に向上した

新会場効果で来場会員の快適性は大幅に向上した

複数画像有

拡大拡大する

 TAA近畿(大阪府寝屋川市・北口武志社長)の2018年4~9月オートオークション(AA)実績は、出品台数が6万3106台、成約率が80.5%という高水準で推移している。5月の新会場オープンの効果などにより、来場社数は前年同期比8%程度の伸びを記録、市場全体が伸び悩む中で、出品台数も同3%程度の伸びを見せる。

 こうした業績好調を支える背景には、堅調なトヨタ販売店からの出品と合わせて、一般会員からの出品が拡大したことが挙げられる。一般会員の出品店件数は前年同期の112%水準、出品台数も全体の伸びを大きく上回る109%を記録している。5月の新会場オープン、8月のグランドオープンで来場会員の快適性や利便性は大幅に向上した。取引社数の増加により、出品ボリュームを拡大するとともに、同会場の特徴でもある8割超えの高成約率を持続することで、毎週新鮮なタマが入れ替わる理想的なAA開催を重ねている。

 10月からは、「日野コーナー」と「バントラコーナー」の車両区分を変更した。小型I、小型Ⅱ、中型、大型の4区分に分かりやすく分類、コーナーを絞りやすく、見やすい編成とした。合わせて規約変更も実施するなど、商用車系の出品に対応する受け皿作りを行う。

 こうした中、10月5開催のAAでは、総出品台数1万2800台を目標とした月間企画を展開する。9日の「菊まつり」には出品台数2685台を集荷、成約率は80.4%だった。23日には「ハロウィンまつり」を開催する。10月5開催は1社1台出品料1000円(流札時)の特別施策などを展開し、秋商戦に向けた小売りダマの流通活性化を図る。

TAA近畿 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること