移転から丸3年、業績は順調に拡大 - グーネット自動車流通

2019年8月19日 [月曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

移転から丸3年、業績は順調に拡大

オークション 2018年10月15日
USS神戸コラボなどで相乗効果
会社名:ZIP大阪
高級輸入車の出品においては、全天候型出品ヤードの安心感は特に高い

高級輸入車の出品においては、全天候型出品ヤードの安心感は特に高い

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区・神川薫社長)のオートオークション(AA)実績が好調な推移を見せている。2015年10月、USS神戸会場内に移転、収容能力の拡大や全天候型出品ヤードの利便性や交通アクセスの良さなどが好成績を後押ししている。出品台数は移転1年目と3年目では約20%の拡大、毎年10%程度の伸長を見せる。
 
 年間の累計出品台数は、移転1年目(15年10月~16年9月)が1万9199台(成約率70.3%)、2年目(16年10月~17年9月)が2万917台(同72.1%)、3年目(17年10月~18年9月)が2万3407台(同65.8%)という驚異的なペースで出品ボリュームを拡大している。移転前の1年間(14年10月~15年9月)と移転3年目を比べると、実に24.7%の規模拡大となった。

 こうした業績好調の背景には、公共交通機関、高速道・一般道利用に関わらず、会場アクセスが優れていることやUSS神戸会場の全天候型出品ヤードによる下見利便や安全性の向上、24時間搬入受付などのサービス向上と合わせ、USS神戸内の施設を利用出来ることによる下見環境の向上やUSS神戸会場とのコラボ企画でセリ活性化や認知度向上につながっている点などが挙げられる。

 神川社長は「USSとの相乗効果による部分が大きい。外部応札も活発に推移しており、今後もコツコツと出品ボリュームを拡大、高成約率を維持しながら、高い目標にチャレンジしていきたい」とする。 

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること