【車両見極めのポイント】意外と知らない?!これは何? - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)10月19日 [金曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

【車両見極めのポイント】意外と知らない?!これは何?

整備 2018年10月05日
株式会社ジャッジメント 取締役 橋本剛
会社名:ジャッジメント

 車両のチェックをしていると『どうしてこうなっているの?』と疑問に思える部分に遭遇することがあります。今回は、よく見かけるけどその理由までは意外と知られていない『これは何?』をご紹介します。

◆ドアの取付ボルトは、どうして塗装されていないものがあるの?
 ドアの交換歴をチェックする際に欠かせないポイントのひとつに『取付ボルトに回した跡がないか?』 があります。これは有名なチェックポイントで、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 工具を用いてボルトを回した場合、ボルトの頭部分に施されている塗装が剥がれてしまいます(画像①)。これはドアの交換歴、そして横方向からの衝撃波及を探るうえで大事なヒントになります。その取付ボルトが『無塗装』になっている車を見たことはありませんか?(画像②)

◆ドアレス工法
 なぜ本来塗装が施されているはずのボルトが無塗装状態になっているのか? その理由は『ドアレス工法』にあります。 ドアレス工法とは、新車製造時において塗装終了後にいったんドアを外してしまう方法です。 これによりドア開口部エリアが広がるので、シートやダッシュボードのような内装パーツの組み込みがしやすくなるのです。 一見すると手間が余計にかかるので非効率に思われるのですが、工場スタッフの身体的負担が軽減されることで生産性が向上したといわれます。 内装パーツ組付け後にドアを戻すのですが、その際新品の無塗装ボルトに付け替えられるのです。

◆ボルトの回し跡は有るの?無いの?
 無塗装ボルトでも、工具を用いて締めた際、ボルトの防錆被膜が剥がれて部分的に『黒く酸化』していたりします。これも『回し跡』といえるのですが、新車時に付けられたものなのか?またはドア交換時によるものかを判別するのは、非常に困難です。こうした点から検査現場では、『ボルトの回した跡は確認不可』として潔く別のチェックポイントの確認に移行し対応しています。結果として最近の車両は、ボルトの回し跡だけで見極められるものが減少し、確認に手間のかかるものが増えてしまっているといえます。見極めがしやすくなったものもあれば、難しくなったものもあり。査定検査は本当奥に深いものです。



[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:123% 平均落札:513千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:122% 平均落札:630千円
  • トヨタ エスティマハイブリッド / 20系 前月比:114% 平均落札:1,444千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:112% 平均落札:619千円
  • ダイハツ アトレーワゴン / S300系 前月比:109% 平均落札:543千円

マツダ RX-8 / SE系
マツダ RX-8 / SE系

急落車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:88% 平均落札:1,196千円
  • 三菱 アウトランダーPHEV / GG系 前月比:90% 平均落札:1,745千円
  • ホンダ フィット / GK系 前月比:91% 平均落札:714千円
  • 日産 フーガ / Y51系 前月比:93% 平均落札:1,111千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:93% 平均落札:574千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系