9月鉄スクラップ市況情報 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)10月23日 [火曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

9月鉄スクラップ市況情報

相場・統計 2018年10月04日
市況は高値圏で推移
会社名:日本鉄リサイクル工業会

 日本鉄リサイクル工業会(東京都新宿区)は10月1日、国内の鉄スクラップマーケット情報を発表した。9月の国内鉄スクラップ相場は強基調で月末を迎えた。夏季減産期を経た電炉メーカーの旺盛な生産と高水準の船積み、三連休が連続した暦の影響で国内需給は全国的に引き締まった。特に関西が騰勢を強め、月末時点で同地区のH2炉前価格は3万6000~3万7500円と前月末比1500~2000円上昇している。一方、関東では上旬に高値修正の値下げがあったものの、中旬には早くも底打ちし、同ほぼ横ばいの3万6500~3万7500円を回復して月末を迎えている。

 海外では通貨安の影響で8月に急落したトルコ向け欧米スクラップ相場が、HMSで$320(CFR)レベルへと前月比$20程度値を戻した。ただ、日本産スクラップは引き続き国際的な割高感が指摘され、韓国やベトナムなど主要輸出先からの引き合いが盛り上がりを欠いているため新規輸出商談は難航している。月中のH2輸出成約価格は3万5500円(FOB)程度と報告され、国内市況より安値にとどまっている。

 10月も国内では堅調な需要が見込まれ、市況は高値圏で推移するとの見方が多い。半面、「国内高・輸出安」の構図が残るとみられ、米国と中国の貿易摩擦など外部動向の影響を懸念する声も増えている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

相場・統計関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:123% 平均落札:513千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:122% 平均落札:630千円
  • トヨタ エスティマハイブリッド / 20系 前月比:114% 平均落札:1,444千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:112% 平均落札:619千円
  • ダイハツ アトレーワゴン / S300系 前月比:109% 平均落札:543千円

マツダ RX-8 / SE系
マツダ RX-8 / SE系

急落車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:88% 平均落札:1,196千円
  • 三菱 アウトランダーPHEV / GG系 前月比:90% 平均落札:1,745千円
  • ホンダ フィット / GK系 前月比:91% 平均落札:714千円
  • 日産 フーガ / Y51系 前月比:93% 平均落札:1,111千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:93% 平均落札:574千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系