今期初のヴィンテージコーナーを開催 - グーネット自動車流通

2021年3月2日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

今期初のヴィンテージコーナーを開催

オークション 2016年06月09日
60台の『往年の名車』がずらり一堂に
会社名:ZIP大阪
メルセデス・ベンツ「250SEクーペ」(写真中央)

メルセデス・ベンツ「250SEクーペ」(写真中央)

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区・神川薫社長)は6月2日、希少価値の高いクラシックカーなどを集めた「ヴィンテージカーコーナー」を今期初開催した。当日の総出品台数は同コーナーの60台を含む371台、成約率は69.5%だった。

 同コーナーは今期も全4回の開催を予定している。毎回50台以上のヴィンテージカーが一堂に会する。今回のオートオークション(AA)では、メルセデス・ベンツ「250SEクーペ」(1966年式)やジャガー「XK120」(年式不明)、シボレー「コルベット」(68年式)などの輸入車のほか、トヨタ「クラウン ハードトップ」(69年式)、日産「セドリック スペシャル6」(同)といった国産ヴィンテージカーも多数集まった。

 同社は今期、「新規入会獲得も好調に推移している。こうした中、来場促進策にも注力し、活気ある会場運営でAAを盛り上げていきたい」(神川社長)と意気込む。

 同会場では、昨年10月1日開催のAAより、従来の兵庫県西宮市鳴尾浜の常設会場から、神戸市中央区のUSS神戸会場内に移転した。USS側の配慮もあり、全天候型の出品ヤードに高額輸入車や今回のようなヴィンテージカーを雨風の心配もなく、収容できる体制が整った。また、会員の下見利便性も格段に向上した。会場移転後も恵まれた環境と全出品台数の約65%を占めるディーラー出品の良質車が同会場の持ち味となっている。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること