23年の中古車輸出台数は過去最高を記録 今年も同様か上回る見通し - グーネット自動車流通

2024年4月23日 [火曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

23年の中古車輸出台数は過去最高を記録 今年も同様か上回る見通し

企業・団体 2024年02月27日
日本中古車輸出業協同組合(JUMⅤEA) 佐藤博理事長インタビュー
会社名:日本中古車輸出業協同組合(JUMVEA)
佐藤理事長

佐藤理事長

拡大拡大する

 日本中古車輸出業協同組合(JUMVEA:東京都品川区、佐藤博理事長)発表の中古車輸出統計によると、2023年12月の輸出台数は14万518台となり、前年同月比で1万9876台増(116.5%)となった。また、23年の暦年台数は過去最高の153万6472台となり、前年比124.3%(30万812台増)と大きく伸長した。

 12月の輸出国別台数ではロシアは前年同月を大きく下回る1万3196台(52.8%)となった。ただ、規制強化の影響が表れた8月以降も毎月1万台から1万2000台前後が輸出されており、安定した取引が行われている。
 他の輸出上位国ではUAEが2万3153台(前年同月比115.6%)、暦年でも20万3889台(前年比135.4%)と大きく伸長した。モンゴル、ニュージーランド(以下NZ)も暦年で前年を約3万台上回るなど、堅調な実績となった。

■23年の輸出台数は過去最高を記録
 佐藤理事長は「23年の輸出台数は過去最高となった。国内市場は大手販売店に信用問題が生じ、コロナ禍により新車の生産遅延や中古車不足など国内市場が厳しい時期もあったが、輸出が中古車市場を支えた。輸出もコロナが世界で猛威を振るい始めた時は、船便やコンテナが不足し先行き不透明な時期もあった。ただ、日本車の中古車需要は世界において底堅いものがある。輸出業に求められるのは小回りの良さ。中古車の小売店が輸出を始めるケースも散見され、輸出会社も増加している。

■日本車の信頼は高い
 中古車輸出台数は今後も堅調に推移すると見ている。日本では、車が無くても生活できるという人もいるが、世界は違う。その世界が日本車を求めている。車なら何でも良いという訳ではない。海外の人にとって自動車は移動手段であり最優先事項。だからこそ信頼性の高い日本車を求める。中でもトヨタの人気が高い。それはパーツが豊富にあるから。メーカーはそこにまで気を使っている。

■堅調に推移すると見るが不安要素もある
 円安が中古車輸出の追い風になっていることは間違いないが、為替は決定的な要素ではない。仮に円高になっても車が必要な人には必要なもの。リーマンショックの時は中古車輸出も打撃を受けたが、その時以外はほぼ安定している。24年の中古車輸出は、23年と同様か若干の成長と予想しているが、不安な要素として中東情勢がある。航路の安全が確保できていないため、船舶輸送に悪影響が出ている。リスク回避の為、紅海やスエズ運河を避け、南アフリカ経由に航路を変えている船舶会社もある。そうなると当然、輸送時間がかかり、物流コストに跳ね返ってくる。また、アメリカ大統領選の結果次第では台湾や中東にもリスクが生じる可能性もある。いすれにしても世界情勢の安定が望ましい。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること