サーキット場でカートレース大会を初開催 - グーネット自動車流通

2024年2月26日 [月曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

サーキット場でカートレース大会を初開催

企業・団体 2024年01月31日
県内外から多数の参加者が集まり白熱したレース
会社名:JU長崎
大会終了後、集合写真を撮影した

大会終了後、集合写真を撮影した

複数画像有

拡大拡大する

 JU長崎(東明彦会長・理事長)の青年部会(森川裕也部会長)は1月16日、大村市の大村湾サーキットで「2024JU長崎カートレース大会in大村湾サーキット」を開催した。青年部会が独自で企画したカートレース大会に、県内外から約30人の参加者がエントリーし、ラップタイムを競った。優勝はJU長崎の松尾和宏さん(ヒロモーター)で、準優勝にはJU佐賀の武末恒弘さん(テイクオート)で、ベテランドライバーの2人がいぶし銀のドライビングテクニックを披露した。

 同大会は、17日開催「JU長崎青年部会担当記念AA」の前日に開催、これまではゴルフコンペなどで懇親を深めていたが、今回は趣向を変え、会場をゴルフ場からサーキット場に変え、親会、青年部会問わず、皆で盛り上がった。

 優勝の松尾さん、準優勝の武末さんに続いて3位に入ったのは、JU大分青年部会長の和田昭さん(ヴィ―クルわだ)、4位はJU九州青年部会代表幹事(JU熊本青年部会長)の中尾隆太さん(カーオーナー)、5位はJU長崎の田中新太郎さん(アール・ボブ長崎)で、若手3人がベテラン2人に迫るラップタイムを叩き出した。

 参加者からは「初めての体験で、とても白熱して楽しかった」、「自県でも同様の大会を開催できるよう検討したい」など、大好評のコメントが多く聞かれた。次回開催が楽しみな大会だった。

 表彰対象となったラップタイムは、同日夜開催された「JU長崎新年会」の席上で発表されるまで非公開。表彰式の瞬間まで、参加者は固唾を飲んで発表を見守り、大いに盛り上がった。

JU長崎 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること