第18回全国JAM(ジョイカルアライアンスミーティング)開催 - グーネット自動車流通

2024年2月25日 [日曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

第18回全国JAM(ジョイカルアライアンスミーティング)開催

企業・団体 2023年11月28日
契約店舗数600店を突破、2024年活動方針を発表
会社名:ジョイカルジャパン
早川社長から2023年の総括と2024年の活動方針が発表された

早川社長から2023年の総括と2024年の活動方針が発表された

複数画像有

拡大拡大する

 整備工場を対象とした新車販売のフランチャイズチェーンを展開するジョイカルジャパン(東京都品川区・中村靖弘社長)は11月2日、マリオットホテル東京で全国加盟店へ向けて2023年の活動と2024年の運営方針を説明する「第18回全国JAM(ジョイカルアライアンスミーティング)」を開催した。

 大会冒頭で、中村会長は「『自動車整備工場の未来の現場を作る』をスローガンに第18回目を迎えることできました。店舗数は561店舗となり、契約が終わっている会社様を入れると610店舗になります。皆様方パートナー店の方々のご協力による賜物だと。肝に銘じております。本当にありがとうございます」と謝辞を述べ「時代の変化にしっかりと地に足をつけて、次なるチャレンジをしていかなければ、取り残されてしまうのではないかという危機感を感じています。当然、皆様方と一致団結し、新しいものにチャレンジをし続けていい商品をまたはシステムを提供し続けなければいけない。リアル開催は4年ぶりとなりますので、皆様と交流を深めていただき、情報交換等をしていただきたい」とあいさつした。

 2023年の総括と2024年の活動方針の報告は、早川由紀夫取社長から「クルマの乗り方、変える。時代、変える、ジョイカル」をテーマに主要な方針が発表された。同社が手掛ける主力商品である「セブンマックス」、「ハーフマックス」、「乗れマックス」、「NORIDOKI」、「コミかる」、「セブンマックス2.0」、「クレジット対応」、「ECOTO」について実績と販売傾向、それぞれの事例が発表された。

 2024年の活動方針は、「代替元年」という位置づけとし、セブンマックス、NORIDOKIの対象車が2025年までに6500台が代替対象となる。そのため満期アプローチの流れを徹底訴求するなど様々な施策を行うとした。






[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること