オールJU近畿リレー・パート1は出品460台 - グーネット自動車流通

2021年11月29日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

オールJU近畿リレー・パート1は出品460台

オークション 2021年10月15日
活発な応札により成約単価は今年度2番目の高水準
会社名:JU奈良
JU近畿の財藤会長が挨拶を述べた

JU近畿の財藤会長が挨拶を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 JU奈良(大和郡山市、服部教昭理事長)は10月9日、「オールJU近畿リレーオートオークション(AA)パート1」を開催した。タマ不足の厳しい市場環境下で近畿2府4県JUの強い結束により、出品台数460台を集め、このうち295台を成約、成約率は64.1%だった。バイヤーによる強い応札の結果、成約単価は今年度2番目に高い34万5000円を記録する活況だった。

 セリ開始前のセレモニーでJU近畿の財藤和喜男会長は「JU組織は先人たちの努力により、設立から50周年を迎えます。今回のリレーAAを秋の商戦に向けた仕入れの場としていただければ幸いです」と話した。

 財藤会長の挨拶に続いて、JU京都の東將之理事長が挨拶したほか、JU奈良の服部理事長はJU近畿流通委員長として「全国リレーAAは北海道から沖縄まで全国一斉に開催されています。(オールJU近畿リレー)パート2は11月13日に開催予定ですが、引き続き、皆様のご協力を宜しくお願いします」と挨拶した。

 JU近畿では、常設AA会場のあるJU奈良を舞台に、パート1は滋賀、京都、奈良、パート2は兵庫、和歌山、大阪という担当府県で2回開催する。両開催とも出品目標500台、2開催合計1000台を合同目標としている。財藤会長は「タマ不足の影響から、パート1はやや目標台数を下回ったが、パート2で挽回したい」と意気込む。

JU奈良 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること