8割超えの高成約率、80万円超えの高成約単価を記録 - グーネット自動車流通

2021年10月20日 [水曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

8割超えの高成約率、80万円超えの高成約単価を記録

オークション 2021年10月12日
良質車集め、POS導入37周年大記念AA開催
会社名:ベイオーク
瀧本マネージャーが謝辞を述べた

瀧本マネージャーが謝辞を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区、塩原淳平社長)は10月6日、「POS導入37周年大記念オートオークション(AA)」を開催した。出品台数1287台を集め、成約率は80、3%、1台当たり成約単価も82万3950円という高水準だった。今回の大記念AAにおいても、新規搬入率は77.7%に上るなど、持ち前の「高鮮度」なAA開催で、活発なセリを展開した。

 セリ開始前のセレモニーでは、同社マーケティング本部の瀧本弘務マネージャーが挨拶に立ち、会員各社への感謝の気持ちを述べた。

 今回のAA開催より、「アウトレットカーブロック」を新設した。既存の「クラッシュカーブロック」を細分化するもので、軽度の事故現状車や機関、機構が原因の不動車を集めたもの。クラッシュカーブロックと同様、検査は行わないが、出品店申告による装備やセールポイントなどを掲載可能。これまで、クラッシュカーブロックの中に含まれていた損傷度合いが低く、商品価値の高い車両を差別化し、商品車として十分流通できる車両の出品、落札がしやすくなった。

 なお、前週9月29日開催の「お客様感謝Day」からは「LOW-MAXブロック」がスタートしている。既存の「売切りブロック」をグレードアップした位置付けで、10万円までのセリ上げ可能とし、エリア最高水準の買取保証を付けた。買取り保証金額は毎週タイムリーに改定するという。

 こうしたセリブロックのグレードアップで、会員ニーズに対応するとともに、AA会場を通じた社会貢献活動として、日本赤十字社と協力した「献血活動」を年間4大記念AAなどで積極展開している。
 日本赤十字社では「コロナ禍で実施機会が減少している中、ご協力いただき、深く感謝申し上げます」とするように、コロナ禍での献血活動の難しさとともに、同社と会員による積極的な協力に感謝する。
 同社も「ベイオークの献血活動で初めて献血にチャレンジしていただいた方もいらっしゃいます。交通事故が無くならない限り、自動車を扱う会社として、少しでも貢献したいという思いに共感し、ご協力いただき、誠にありがとうございます」と、会員による積極的な協力に感謝する。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること