オールJU中部リレー開幕、JU富山からスタート - グーネット自動車流通

2020年10月29日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

オールJU中部リレー開幕、JU富山からスタート

オークション 2020年10月03日
会社名:JU富山
セリ前のセレモニーで挨拶を述べる松田理事長

セリ前のセレモニーで挨拶を述べる松田理事長

複数画像有

拡大拡大する

 JU富山(富山市、松田治男理事長)は10月1日、「オールJU中部リレーオークション」を開催した。当日は目標750台を大きく上回る949台を集荷、成約603台、成約率63.5%、成約単価18万4000円を記録、JU中部のトップバッターとして幸先の良いスタートを切った。
 
 セリ前のセレモニーで松田理事長は「全国リレーオークションの1番手として大変緊張感を持って臨みましたが、皆様のご協力のおかげで、目標を上回る949台を集めることができました。大変感謝しております。コロナ禍において、流通事業も進化が進んでおります。そのような中、今回のリレーオークションがJUブランドを確立していくものだと思います。今後も元気に足元を見つめてみんなで頑張って参ります」と挨拶を述べた。

 同会場では、セリの活性化や外部応札の比率を高めることを目的に、今回の開催より新コーナーの設定や既存コーナーの条件変更を行なった。新しく設定したコーナーは「プラス15コーナー」ト「普通車売切コーナー」、「軽四売切コーナー」の3つ。また、高年式コーナーから名称変更した「プレミアムコーナー」は一部条件が変更、また「レギュラーコーナー」は写真が3枚から6枚に増加した。

 取材の場で松田理事長は「全4支部が出品目標を達成し責任感を持って今回のリレーオークションに取り組んでもらった。新型コロナウイルス感染拡大を受けて会場の感染防止対策はもちろんのこと、今開催では映像コーナーを特設、またJU中部の取り組みとして外部落札手数料を会場落札手数料と同額にするなど行なった。今後も感染対策に留意しながら、新しいオークションの在り方を模索していきたい」と抱負を述べた。

JU富山 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること