開場18周年記念AA開催 - グーネット自動車流通

2021年1月17日 [日曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

開場18周年記念AA開催

オークション 2019年09月20日
歴代最高成約率達成
会社名:アライAAベイサイド4輪
挨拶に立つ荒井会長

挨拶に立つ荒井会長

拡大拡大する

 荒井商事(神奈川県平塚市・荒井亮三社長)が運営するアライオートオークショングループのベイサイド会場4輪オークションは9月13日、「開場18周年記念AA」を開催した。

 当日のセリは歴代最高となる成約率87.0%を記録。出品は3332台、成約2898台と周年開催に相応しい盛会となった。
 また、イベントも「来場ガラガラ抽選会」をはじめ「来場落札台数賞」、「荒井市場」を催すなど会場を盛り上げた。

 開催に先立ち挨拶に立った荒井寿一会長は多数の来場、出品に謝辞を述べた。続けて「ベイサイド会場は18周年を迎えたが、この東扇島に進出した当初は、車両置き場に不自由することは無かったが、18年を経て立錐の余地もない状況に変わった。現在のアライAAのビジネスモデルは、メイン会場の周辺に遠隔地ヤードを設けるものであり、現在は14カ所に展開している。考えてみればこのベイサイド会場の収容面積がないことが一つのヒントになり、遠隔地ヤードを構えるに至ったことが、我々が業界で生きるための形に発展していった。JU神奈川樣、MIRIVE様の両社には提携会場としてお世話になり、そして切磋琢磨しながらお互いに刺激を受けながら、業界の会員の皆様のために取り組ませていただいている。両社を通じて良い人、良い会社に巡り会えたと感じている。今後も3社が一体となって業界の発展のために頑張りたい。」と述べた。続いて来賓を代表しJU神奈川・安藤悟会長理事長、MIRIVE・伊藤文彦社長が祝辞を述べた。最後に尾籠厚支店長、池澤会場長より挨拶、イベント紹介がなされ、セリ開始となった。
 尾籠支店長は「今週上陸した台風15号による爪痕もまだ残されている中で、3332台の出品をいただき感謝。会員様からご心配、ご協力のお声掛けをいただき、皆様に支えていただいた18周年だと感じ改めて感謝。この皆様への感謝の気持ちを最高のサービスに変えて、少しでも皆様の期待に応えていくことが唯一の恩返しと考えている。『売れた』という結果論ではなく『売れる』という必然を目指し、その成果を挙げた時に、全てのお客様に喜んでいただけるとスタッフ一同がしっかりと心に留めて行動し、皆様に恩返しをしていきたい。3332台への感謝と3332台の笑顔を見られるようスタッフ一同頑張っていく」と述べた。
 池澤会場長はイベント紹介をした後「台風の影響を受け、思うように業務を進められない日もあったが、皆様からお預かりした大切な車一台一台をスタッフが一丸となり検査、入力を行い、本日を迎えることができた。出品店様にはご満足いただける額で売っていただき、落札店様にはご満足される車を仕入れていただき、記憶に残るような開催を目指したい」と力強く意気込みを述べた。

 前日には川崎市内にて「18周年記念前夜祭」を開催。開宴の挨拶に立った荒井亮三社長は「平塚の湘南会場から2001年9月にベイサイド会場に移転し、18周年を迎えることができた。移転後の2開催目には約4000台の出品車が水害に見舞われたが、全て買取対応をさせていただいた。今回も台風により被害を受けたが同様に対応をさせていただく。私どもは出品店様だけではなく、落札店様にもご満足いただけるサービスをお届けすることを命題としており、今回の対応もその一環として行わせていただく。明日の出品台数は3260台の出品をいただいている。新規出品比率は88.2%、ディーラー・リース会社の皆様からも多くの出品をいただき感謝。昨年の17周年記念では3439台であったが、今開催は限られたスペース、また周年開催に集中して台数を集めるのではなく、9月を周年月間とし、各開催で出品店様、落札店様が商売しやすいように取り組んでいる。昨年の成約率は84.2%だったが、今開催においても常々話しているとおり、成約率100%を目指していきたい。私どもが現在取り組んでいるのは、積極的な外部ヤード展開。今回も外部ヤードの出品台数は458台と多くの台数をいただいている。ベイサイドが取り組んでいる外部ヤードは、関西会場・沖縄ヤード・狭山LUMヤード・八王子ヤード・野田ヤードで今回は458台の出品をいただいている。それ以外に、北海道ヤードを夏場に開催している。この外部ヤードは1年間で118回開催し、成約率82.2%と映像出品にも関わらず高い成約率をいただいており、自信を持って落札店様にご紹介できる内容となっている。また、ベイサイド会場の特長としてディーラー各社様との協賛コーナーがあり、輸入車正規ディーラーコーナーは成約率が91.8%、SUBARU協賛コーナーの成約率は89.9%、更にマツダ協賛コーナーも成約率は91.9%といずれも高い成約率をいただいている。今期、特に力を入れていたのがディーラー・リース・買取店の皆様方のご出品を如何にいただけるかということであった。バイヤーの皆様には臭いセンサーによる車内の臭いの数値化やLINEによる下見サービス等の提供を開始し、来場されなくとも買える環境の構築に努めている。また、アライ仙台会場との相互映像出品として週2回の出品落札の機会提供を行っている。仙台コラボコーナーでは出品1165台、成約率は73.5%とこちらも映像出品でありながら高い成約率をいただいている。10月には沖縄ヤードに加え、北海道ヤードの開催も予定している。今後はアライ小山4輪会場とのコラボも検討しており、ベイサイド・仙台・小山4輪の3会場によるコラボ開催も検討している。ベイサイド会場は来年1月に、2レーンから4レーンへの準備を進めている。アライグループとしては、1月に福岡会場を開設。7月には関西ヤードにポス機能を備え関西会場に名称変更を行った。アライAAは現在6会場、10開催、8外部ヤードの体制でオークションを運営させていただいており、これからも皆様方のご出品、ご落札において効率の良い運営を目指していく。建機についても世界で唯一の毎週開催であり、農機オークションにも注力し進めている。荒井商事は来年に創業100周年を迎える。私どもは皆様方と長いお付き合いができるよう、皆様のご商売のお役に少しでも立てるよう毎日毎日、毎週毎週、毎開催毎により良いサービスを提供できるよう努力していく」と述べた。

 続いて来賓を代表しJU神奈川・安藤悟会長理事長、MIRIVE・伊藤文彦社長が祝辞を述べた。安藤会長理事長は「池澤会場長にとってベイサイド会場での初めての周年オークション。皆様には池澤会場長の初陣を盛り上げるべくご協力いただきたい」と述べた。伊藤社長は「アライAAはバントラ・建機・農機・4輪・2輪とあらゆるジャンルに加え、中身の充実したオークションを開催している。会員共通化をしているパートナーとして協力、競争をしながら会員皆様のお役に立てる会場づくりに邁進していきたい」と述べた。最後にパキスタン大使による乾杯の発声が行われ、開宴となった。

 前夜祭では荒井寿一会長による恒例の大抽選会が催されるなど、参加者が懇親を深める場として盛り上がった。

アライオートオークションベイサイド4輪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること