40周年記念企画として軽四まつりを通年展開 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)12月11日 [火曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

40周年記念企画として軽四まつりを通年展開

オークション 2018年11月27日
年間を通じて安定的な出品ボリューム、西日本豪雨、台風21号被害以降も安定的に良質車を供給
会社名:ベイオーク
良質な軽自動車が多数集まる

良質な軽自動車が多数集まる

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)がオートオークション(AA)開始40周年記念特別企画として展開する「軽四まつり」が良質な軽自動車を求めるバイヤーのニーズに応えるとともに、西日本豪雨災害や台風21号被害を受けた関西以西エリアの復興支援に良質車を多く供給している。

 2018年4〜10月実績を見ると、同社の軽自動車特化ブロック(コーナー)の「パワフル軽四」と「軽四リフレッシュ」に1開催平均600台の出品台数を集めている。とりわけパワフル軽四ブロックの1台当たり成約単価は57万6423円に上るなど、小売り向け良質車を数多く、中古車小売市場に供給していることが読み取れる。

 同会場での軽四2ブロックへの出品台数推移を見ると、いわゆる「夏枯れ」により集荷が難しい7〜8月も、前年同月実績を上回る推移を見せている。とりわけパワフル軽四ブロックについては、西日本豪雨のあった7月初旬以降も400台超の高水準をキープし続け、被災地などでニーズの高い小売り向け良質軽自動車を多く集荷し、中古車小売り市場に供給した。
 1台当たり成約単価も期間中の波が小さく、安定的な価格帯で推移した。一方の成約率は西日本豪雨以降も堅調な推移を見せた。前年同期に成約率が低下傾向だった7月後半から8月にかけても安定的推移を見せている。
 軽四リフレッシュにも強い引き合いがあり、水害によって生活の足を奪われた被災地に、比較的低価格ながら、良質な軽自動車が求められたことが安定的な成約率を支えたようだ。

 同社では会員からの要望も強い軽四まつりを引き続き展開中。年末商戦から初売りに向けて、さらに需要が高まることが予想される中、良質小売りダマを求めるバイヤーの熱いコールが飛び交う。

 軽四まつり展開中の手数料は、パワフル軽四が出品料0円、成約料1万6000円。軽四リフレが出品料2000円、成約料1万6000円。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系