軽自動車需要見通し1.7%増 - グーネット自動車流通

2022年6月27日 [月曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

軽自動車需要見通し1.7%増

企業・団体 2017年04月24日
軽自動車平均使用年数、車齢ともに過去最高
会社名:軽自動車検査協会
記者会見風景

記者会見風景

複数画像有

拡大拡大する

 軽自動車検査協会(東京都新宿区・清谷伸吾理事長)は4月21日、平成29事業年度事業計画に関する説明会を開催した。29年度の「検査件数」及び「手数料収入」については、昨年度比でそれぞれ98.0%、97.4%となる見通しを示した。検査件数は1万6193件(昨年度1万6520件)、手数料収入は174億3600万円(昨年度178億9600万円)の見込み。

 同協会は、更に質の高いサービスを提供するために、基幹システムである検査情報システムの更改を平成31年1月に行い、同時に軽自動車OSSの諸準備を着実に進めていく方針だ。平成26年度に運用を開始したコールセンターは、窓口業務への集中化が図れたことから利用者からの問合せに対して、均質化されたサービスが提供されている。今年度はホームページなどに問合せ内容の分析結果やFAQなどを反映していく。
 
 清谷理事長は記者会見で2017年度の軽自動車需要見通しについて「各メーカーからのヒアリング結果を集計すると174万8000台(昨年度171万8000台)の1.7%増と予測。ただし、今後については緩やかな鈍化傾向にある」との考え方を示した。

 2016年の軽自動車の平均使用年数は14.78年、平均車齢は9.36年で、ともに微増だが、統計開始以来、過去最高の数値となり、乗り換えサイクルの長期化が進む結果となった。新車販売における軽比率は、33.8%(昨年度は36.7%)となった。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること