レクサスコーナーが順調に認知度拡大 - グーネット自動車流通

2022年7月3日 [日曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

レクサスコーナーが順調に認知度拡大

オークション 2017年04月20日
4月第1週は全国最多出品105台を記録
会社名:TAA近畿
レクサスコーナーの認知度が高まっている

レクサスコーナーの認知度が高まっている

複数画像有

拡大拡大する

 TAA近畿(大阪府寝屋川市・島田俊秀社長)の「レクサスコーナー」が好調な推移を見せている。4月第1週の開催では、TAAの全国10会場で最多の105台が同コーナーに集まった。1月からの同コーナースタートから、会員への告知活動を強化、認知度拡大に注力した成果が着実に出品台数、成約率に表れるようになった。

 今年1月、TAA全会場で一斉にスタートした同コーナーは、文字通りトヨタの最高級ブランド「レクサス」に特化したもので、販売店のほか一般会員からも基準を満たしたレクサス車が活発に出品されている。スタートしたばかりの1月は、1開催あたり48台が集まり、成約率も77.6%と高率だった。2月は一旦、流通量の減少などが影響し、1開催あたり37台に減少したが、3月は一転して増加、1開催あたり50台とした。

 3月からの増加傾向を持続する4月は、4日開催で105台、11日開催で75台、18日開催で68台を集めるなど、3月水準を大きく上回る推移を見せる。

 成約単価は、4月4日開催で177万8千円、11日開催で200万2千円をマークするなど、高い成約率だけでなく、高成約単価も特徴となっている。

 同社では3月末までレクサスコーナー強化のため、「流札時出品料無料」のキャンペーンを展開してきたが、会員からの好評を受けて、6月29日まで継続実施する。

 平野裕治会場長は「TAA会場として、活発な取引を通じてレクサス車を買っていただけるよう、バイヤーを集めることに注力したい。『レクサスはTAAで』というブランドイメージを作り上げ、同コーナーの認知度向上にも注力していきたい」と話す。一方で「レクサスのような高額車はもちろん、低額車まで幅広いトヨタ車を扱い、しっかりと流通させていきたい」(同)とする。

 こうした中、TAA各会場では「TAA/CAA共通入会&紹介キャンペーン」を4〜6月の3カ月間展開しており、更なるバイイングパワーの強化が見込まれる。

TAA近畿 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること