ヴィンテージカーコーナーに過去最多出品 - グーネット自動車流通

2021年3月2日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ヴィンテージカーコーナーに過去最多出品

オークション 2017年03月09日
往年の名車がずらり、バイヤーの熱い視線
会社名:ZIP大阪
往年のポルシェなど良質車が多数出品

往年のポルシェなど良質車が多数出品

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区・神川薫社長)は3月2日開催のオートオークション(AA)で、年4回開催の人気コーナー「ヴィンテージカーコーナー」を開催した。今回は過去最多出品台数となる83台の往年の名車が集まり、成約率は51.8%だった。当日は総台数391台を集め、成約率は67.5%だった。同コーナーを目当てのバイヤーも多数集まり、朝早くから丁寧に現車を下見する姿が目立った。

 同コーナーに集まる名車は同会場が入るUSS神戸会場の全天候型立体ストックヤード内の最大のメリットである快適な下見環境の中で、状態を確認することが可能。同社では、旧会場(西宮市鳴尾浜)の頃から同コーナーを定期的に開催、今回で37回目となる。高い時には60%を上回る成約率をつけるなど、ヴィンテージカーを扱うコーナーとしては驚異的な成約率となっている。長年培い、蓄積した同コーナーでのノウハウや適正な相場が旧車を求めるバイヤーのニーズに応えている。

 神川社長は「ポルシェのフルレストア車など、専門店やユーザーが大切に扱った良質車が多数集まっている。これを目当てに定期的に来場してくれるバイヤーも多い」とするように、状態の良いヴィンテージカーを目当てに、バイヤーも専門店関係者が多く、普段のセリとは違う顔ぶれも来場するという。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること