お客様感謝祭で手ゼリ融合システムの概要説明 - グーネット自動車流通

2019年8月18日 [日曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

お客様感謝祭で手ゼリ融合システムの概要説明

オークション 2015年05月27日
7月6日のサービス開始に向け着々と環境整備
会社名:日産大阪オートオークション
手ゼリ融合システムの概要説明を行う吉岡社長

手ゼリ融合システムの概要説明を行う吉岡社長

複数画像有

拡大拡大する

 日産大阪オートオークション(大阪市此花区・吉岡末治社長、NOAA)は5月25日、「お客様感謝祭オークション」を開催した。セリ開始前のセレモニーでは吉岡社長が7月6日開始予定の「手ゼリ融合システム」の概要を説明し、来場会員にスタートに向けた協力を呼びかけた。手ゼリと外部応札を組み合わせた独自のオークションを行うもので、スタートに向けたシステム構築を急ぐほか、6月後半には模擬セリの実施といった運営準備に入る。

 同システムは、NOAAの特徴でもある手ゼリの良さを残しながら、外部応札を組み合わせることで、バイイングパワーのさらなる強化につなげるもの。当初はアイオークとオートサーバーの2社について、「不在入札」が可能となる予定。また、レイシスソフトウエアーサービス(大阪市中央区・小野逸二社長)の提供するアプリ「リアルカーオークション(RCA)」を導入し、自社ネット会員を募る(入会金・年会費が無料)。RCAを通じたリアル応札と不在入札も当初から可能となる予定で、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末からセリに参加できる仕組み。

 同システムへの移行に際し、同社インターネットホームページ(HP)刷新も行う。6月15日開催のAA終了後に新HPに切り替える。6月22日開催のAAから新しい下見システムに移行する。車両画像がこれまでの3枚から5枚に増え、内装画像などが追加されるほか、撮影室の新設により、従来の3倍の照度でストロボ撮影し、鮮明な画像が掲載される。また、下見環境向上のため、立体出品ヤードの照明をLED照明に切り替え、ヤード内の照度を約2倍に向上した。

 6月22日と29日のAAでは、融合システムのトライアルを実施する。来場会員とコンダクターの新システム移行を円滑にするもの。7月6日のサービス開始時には、評価点制度を導入し、外部応札に対応する。

 オートサーバーからのリアル応札など、今後のサービス拡充についても今下期をめどに順次対応していく方針だ。

日産大阪AA 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること