今年度初の「ヴィンテージカーコーナー」特設 - グーネット自動車流通

2024年5月20日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

今年度初の「ヴィンテージカーコーナー」特設

オークション 2024年04月20日
国産・輸入車問わず往年の名車が集まる
会社名:ZIP東京
往年の名車が集まる

往年の名車が集まる

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP東京(東京都江戸川区、藤田吉宣社長)は4月13日に開催の「スプリングプレミア」」にて「ヴィンテージカーコーナー」を特設した。

 今年度初の特設「ヴィンテージカーコーナー」は目標を上回る63台の出品車を集めた。2001年式のフェラーリ モンディアールや平成7年登録のメルセデス・ベンツ500SL AMG、昭和56年登録のフェアレディ―Z 280Zやランエボ6、インプレッサなど国内外の往年の名車が並び、「ヴィンテージカーコーナー」に相応しいラインナップとなった。中には落札希望価格を大きく上回る出品車もあり、活発なセリが展開された。

 沖中武晴会場長は「ZIP東京では3回目。今年度初の特設ヴィンテージカーコーナーに国産・輸入車を問わずバラエティに富んだ出品車をいただき感謝」と感謝の言葉を述べた。また「目標を上回る出品台数をいただき、出品店様の期待を感じる。一昨年度、昨年度は年一回の特設であったが、今年度は二回の特設を検討している。ヴィンテージカーコーナーを正規ディーラーコーナーと同様にZIP東京のイベントコーナーとして確立していきたい」と話した。

 ZIP東京は24年年初から前年実績を上回る約400台の開催が続いている。沖中会場長は「年度が変わった4月以降も400台超の出品台数をいただいている。引き続き会員様のお役に立てるサービスの提供や運営に努めていく」と話した。

 当日のセリ結果は出品424台、成約231台、成約率54.5%、平均成約単価174万8000円となった。

ZIP東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること