3月7日オープン、東北エリアの新たな流通拠点目指す - グーネット自動車流通

2024年7月18日 [木曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

3月7日オープン、東北エリアの新たな流通拠点目指す

オークション 2024年03月14日
東北の中古車流通の発展に寄与していく
会社名:TAA宮城サテライト会場
あいさつに立つ北口社長

あいさつに立つ北口社長

複数画像有

拡大拡大する

 トヨタユーゼック(千葉市美浜区、北口武志社長)は3月7日、TAA16番目の会場となる「TAA宮城サテライト会場(宮城県利府町)」をグランドオープンした。

 TAA宮城サテライト会場はポス席98席、調整室2室、同時4レーンの全天候型の検査棟と最新の撮影室も備え、常設会場として運営する。セリは毎週木曜日、TAA東北会場のコーナーとして実施し、宮城サテライト会場専用2レーン(C・D)を新設した。

 同会場は三陸沿岸道路・松島海岸ICから約500mと交通の利便性が高い場所に位置し、収容台数約1400台の規模を誇る。これは移転仮設前のTAA仙台ヤードの約900台を大きく上回る。TAA宮城サテライト会場は、仙台エリアはもとより東北全般をカバーできる立地と施設を活かし、より一層利便性の高いオートオークションを開催していく。

 当日のTAA宮城サテライト会場のセリは、ポス席がほぼ満席となる盛況となり、多数の来場で賑わった。セリ結果は出品703台を集め、成約649台、成約率92.3%、平均成約単価59万8000円の高実績を記録し、好スタートで飾った。また、TAA東北として出品1342台、成約1243台、成約率92.6%、平均成約単価56万9000円となった。

 TAA宮城サテライト会場の検査棟はLEDライトを採用。また、同時4レーン検査により早期に出品車のweb掲載を実現する。撮影室も光天井を設置し、より正確に車両を映し出せるようにした。加えて仙台ヤードでは実施していなかった車両下廻り画像撮影システムを導入した。これによりTAA全会場で車両下廻り画像の提供を目指し、より会員が商売しやすい環境を整えた。
 その他の会場施設では積載車ヤードに廃ペットボトルを素材に含んだアスファルトを使用した他、ペットボトルから再生した樹脂を被覆したネットフェンスを使用するなど環境に配慮した会場となっている。

 北口社長は会見の場で「福島と宮城の2会場で東北をフォローしていく。今後も東北の中古車流通の発展に寄与していきたい」と話した。

TAA東北 TAA宮城サテライト
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること