グー故障診断機が検査用スキャンツールとして認定 - グーネット自動車流通

2024年4月24日 [水曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

グー故障診断機が検査用スキャンツールとして認定

企業・団体 2024年03月01日
OBD検査の実施に向けて
会社名:プロトコーポレーション
「グー故障診断書」と「認定を受けたグー故障診断機」

「グー故障診断書」と「認定を受けたグー故障診断機」

拡大拡大する

 プロトコーポレーション(名古屋市中区、神谷健司社長)の手掛ける「グー故障診断機」が2月26日、OBD検査に対応した検査用スキャンツールとして認定された。日本自動車機械工具協会による認証基準をクリアし、その性能と信頼性が確認された。

 「グー故障診断サービス」は、先進安全装備車の増加に伴い従来の目視点検では車の安全が図れなくなっていく中で、車載式故障診断装置(OBD)を活用してエンドユーザーにもわかりやすい車の診断書を発行するサービス。整備工場や中古車販売店が車検や整備の入庫時や車両販売時に「グー故障診断書」を提示することで、エンドユーザーは安心して整備入庫や車両購入を行うことができるとともに、買取査定時にエンドユーザーに価格の妥当性を伝えるツールとしても活用できる。

 「グー故障診断機」は手持ちのスマートフォンやタブレットにつないで診断することができて、「グー故障診断書」の発行メニューであれば月々1,500円、豊富な機能を持つスキャンツールオプションを申し込む場合は月々3,000円で利用できる。スキャンツールオプションには、2024年10月から始まるOBD検査の検査用スキャンツールとしての機能も含まれる。さらに一般のスキャンツールで必要な年間アップデート費用もかからないため、使いやすさと手頃な価格帯が特徴。

 また、同社のメディアであるグーネット中古車やグーネットピットに掲載している場合は、掲載している店舗情報や車両情報に「グー故障診断書」を掲載することも可能で、車両状態を見える化していくことで業界の健全化とエンドユーザーが安心して車を使用することのできる社会の実現を目指していくとしている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること