地元・小郡市と朝倉市に寄付金を寄贈 - グーネット自動車流通

2022年12月2日 [金曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

地元・小郡市と朝倉市に寄付金を寄贈

企業・団体 2022年07月25日
全国TAAで唯一、独自の寄付活動を継続展開
会社名:TAA九州
小郡市が主催した感謝状贈呈式

小郡市が主催した感謝状贈呈式

複数画像有

拡大拡大する

 TAA九州(福岡県小郡市、北口武志社長)は7月14日、6月の1カ月間展開した「TAA55周年チャリティーキャンペーン」の寄付金を地元小郡市と九州北部豪雨災害(2017年7月)の被災地である朝倉市に贈呈した。同会場を担当する坂田仁志常務理事と稲田桂二会場長らが両市の市長を表敬訪問し、寄付金の目録を贈呈した。

 小郡市への寄付金は、同市が展開するふるさと納税の地方創成プロジェクトという形で地域社会の活性化に活かされる。今回の寄付金は同市の市制50周年記念事業の一環として開催する「野田宇太郎文学賞」の賞金などにあてられる。野田氏は同氏が生んだ文学者で、今回の文学賞は「文学散歩」の連載開始70年にもちなんだものだ。

 野田宇太郎文学資料館で開いた贈呈式で同市の加地良光市長は「小郡市は市制施行50周年を迎えますが、野田先生は我々市民にとって、精神的支柱といった存在。トヨタユーゼックによる寄付に感謝するとともに、TAA九州会場が地域とともに発展できるよう、祈念いたします」と謝辞を述べた。

 寄贈式では坂田常務理事から加地市長に目録が手渡され、加地市長からは感謝状が贈呈された。

 朝倉市への寄付金寄贈は、同会場が2019年から独自で行うもので、当初は災害復興支援、2年目と3年目はコロナ対策、4年目となる今回は災害復興支援金として贈呈された。

 朝倉市役所で行った寄贈式では、坂田常務理事が「毎年のように全国各地で自然災害が発生していますが、地元への支援は大変意義深いことです。『SDGs』の考えのもとで、自然の豊かさを守りつつ、災害にも備えることが求められます。朝倉市の一日も早い完全復旧に少しでもお役に立てれば幸いです」と話した。

 朝倉市の林裕二市長は「災害から5年が経過、毎年のご寄付、誠にありがとうございます。九州北部豪雨災害から完全復旧を目指す中で、ただ復旧するだけでなく、防災拠点の整備などにも注力しています。最近では少しずつ安全を実感できるようになってきましたが、あと数年はかかりそうです。総力を挙げて復旧と防災拠点の整備などに取り組んでいるところですが、御社からの継続的なご支援は大変有難いことです」と感謝の言葉を述べた。

TAA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること