【連載企画】File41中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2021年9月28日 [火曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File41中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2021年07月27日
従業員への表彰金は税金の対象にならないってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【表彰金と課税】
 中古車販売店では営業成績などに応じて従業員に表彰金を出すケースが多いと思います。毎月の給与に加算されている歩合給については、基本給や他の手当と合わせて給与明細書内で課税されているので何ら問題はありませんが、毎月の給与とは別に現金で表彰金を手渡しするようなケースでは、何となく税金が課税されないと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、従業員という立場で勤務に関連して受け取る表彰金や物品は、原則として毎月の給与と同じように「給与課税」の対象となり、会社側としては源泉徴収する義務がありますので、注意が必要です。

【永年勤続者の記念品】
 従業員への表彰金は原則として給与課税の対象となりますが、例外として給与課税されないケースもあります。例えば、永年勤続した役員や従業員に対して、表彰として記念旅行や記念品など(金銭を除く。)を支給するケースで、次の2つの要件を満たす場合には、給与課税の対象にはなりません。
①表彰として支給する記念旅行や記念品などの額が勤続期間などに照らし、社会通念上相当であること。
②表彰が、おおむね10年以上の勤続年数の者を対象としていること。(2回以上表彰を受ける者については、おおむね5年以上の間隔をおいて行われていること。)

【社内提案報奨金】
 ここ数年、前述の表彰金の他、「社内提案報奨金」制度を導入されている販売店も増えてきました。これは従業員から業務改善や品質改善、経費削減などにつながるアイデアを募集し、採用された提案をした従業員には報奨金を出すという制度です。従業員のモチベーションアップだけでなく、従業員一人ひとりが企業経営の意識を持つことで企業全体のモチベーションアップも期待できますので、ぜひその導入を検討されてみてはいかがでしょうか。なお、この報奨金は、支給する会社側では経費扱いとなる訳ですが、支給される従業員側では、その立場や提案内容によって取り扱いが異なります。
①提案の内容が通常の職務範囲内である場合
… 給与所得として課税
②提案の内容が通常の職務の範囲外である場合
… 一時所得または雑所得として課税

【経済的利益】
 企業に勤める従業員は、給与や賞与以外でも会社から受給しているモノが沢山あります。
例えば、昼食のお弁当が支給されたり、自社商品を割引で購入することができたり。これらは全て「経済的利益」と呼ばれ、従業員の立場からは「お得」な状況となるものです。
こうした「経済的利益(お得)」を従業員が享受した場合には、それが税金の対象になるかどうかを検討する必要があります。具体的な判断は税理士や税務署と相談して決めることとなりますので、もし日々の経営の中で「お得」が発生した場合には、必ず顧問税理士や所轄税務署に確認するようにしましょう。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること