8月7日からプラス保証にエアコンなど電装品が対象となるオプションを追加 - グーネット自動車流通

2021年8月1日 [日曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

8月7日からプラス保証にエアコンなど電装品が対象となるオプションを追加

オークション 2021年07月21日
電装品の追加でより安心な取引を推進
会社名:JU岐阜羽島オートオークション

 JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県羽島市、熊﨑尚樹社長)は、8月7日開催のオートオークション(AA)より、プラス保証の保証対象項目外であったエアコンなどの電装関係をオプションにて付与できるサービスを開始する。

 今回、オプションで追加できるのは「エアコン」「パワーウインドウ」「電造スライドドア」「電動ミラー」の4項目。特にエアコンについては、利用頻度が増える夏場を迎え、保証の重要性が高まることが想定される。なお、申し込み費用は3300円(追加オプション保証付き車両の場合無料)。追加オプションのみの加入は不可となる。

 同会場が提供しているプラス保証は、2019年4月20日よりサービスを開始。出品店が任意で落札日から30日間の保証を付帯することができる。その後、落札店が任意で保証を付帯することができるオプションの追加など、会員の声を聞きながらサービス拡充に努め、21年1月には対象コーナーを「バン・トラ」「アクシデント」「買取保証」を除く全コーナーに拡大した。

 対象車両は①評価点が3.5点以上②初年度登録から12年以内③走行距離12万キロ以内④OBD診断で異常が無い車両となる。基本保証の対象範囲については、エンジン本体、動力伝達系(MT・AT・CVT)など動力系の主要50項目以上をカバー。保証対象車は、会員への認知が広まるとともに徐々に増加、現在では保証対象コーナーの約60㌫にまで広がりをみせている。

 保証費用については、出品店負担、落札店負担、双方が負担する3種類がある。落札店の保証費用負担は、出品店が保証を付帯して出品した車両については無料。保証対象車だが、出品店が保証を付帯していない場合は、落札店が任意で保証を付けることができ、保証費用は落札店が負担。基本保証のみ出品店が負担している場合、オプションを任意で付けることができ、保証費用は落札店が負担する。

 熊﨑社長は、「プラス保証は検査体制とOBD診断の確立により成り立っている。引き続き、出品店、落札店双方が安心して取引ができる環境を整えていく。また、今後は現在保証対象外となっているR点の車両についても保証対象にしていきたい。そのために、正しく修理されたことが証明できる仕組みを、早期に確立していく必要がある」と述べた。

JU岐阜羽島オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること