【繁盛店レポート】ダイレクトカーズ(三重県津市… - グーネット自動車流通

2021年4月15日 [木曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

繁盛店レポート

【繁盛店レポート】ダイレクトカーズ(三重県津市)革新を続けるハイエース専門店

2017-10-11


  

  • ハイエースについて熱く語る百田社長
    ハイエースについて熱く語る百田社長
  • 1000坪の敷地に在庫70台を保有
    1000坪の敷地に在庫70台を保有
  • 1000坪の敷地に在庫70台を保有
    1000坪の敷地に在庫70台を保有
  • 店内は遊び心満載
    店内は遊び心満載

 三重県の県庁所在地である津市。美しい海と山に囲まれ自然に恵まれたこの街に1000坪の敷地と在庫70台を保有するハイエース専門店の「ダイレクトカーズ(百田雅人社長)」は全国的にも有名な存在。若手スタッフを中心とした13人はいつも笑顔で働き、店内にはさまざまなハイエースのパーツと遊び心溢れる装飾が飾られている。 
 同社は全国で初めてハイエースワゴンの乗車定員9人以下構造変更において国土交通省の乗用安全基準をクリア(M2クラスからM1クラスに変更)した。平成21年の創業以来、「車を通じて地域、社会に貢献していく」を創業の精神に掲げ、ユーザー本位の活動を展開、今もなお革新を続けている。(福井伸幸)

■ハイエース専門店として展開
 平成23年の東日本大震災時に被災地のユーザーにハイエースを納車し感謝されたことがきっかけとなり、ハイエース専門店をスタート。車中泊やキャンピング、カスタム、各種構造変更(ローダウン・乗車定員変更・各種シート変更)を行うほか、カスタムパーツの自社ブランド「BLUME」の製造・販売を行う。敷地にはショールームと展示場、事務所、整備工場、パーツ製造を行うブースを構え、一貫したサービス体制が整っている。

■ユーザーの安全を第一に1年半かけて開発
 ハイエースワゴン(10人乗り)の乗車定員を乗用車登録で9人以下にする場合、ブレーキの制動基準、シートベルトの強度基準など多くの項目において基準値が高くなり、容易に変更はできない。キャンピングカーや広報宣伝車などの8ナンバー登録であれば、乗車人数の変更は容易にできるものの、乗用車と比較した場合、使い勝手・安全性は悪くなる。試行錯誤を繰り返しながら、1年半の開発期間を経て、これらの基準をクリアすることに成功した。国土交通省の乗用安全基準をクリアできたことで、ユーザーは『安全』に希望の乗車定員のハイエースワゴンに乗ることが可能となった。

■ハイエースを通じてユーザーとは一生の関係
 創業以来約2000台のハイエースを販売。家族ぐるみで付き合うユーザーも年々増加している。4年前からは年数回のユーザー参加イベントを企画し、バーベキューやミカン狩りなど、毎回300人もの参加者を集めている。「ハイエースに乗ることでユーザーのライフスタイルを豊かにしたい」(百田社長)とするように、積極的にユーザー向けイベントを開催して交流を深めている。なお、自動車ポータルサイト「グーネット」での販売店レビュー(購入者限定のクチコミ)には343件もの多くの投稿が寄せられている。 


【会社情報】
会社名:ダイレクトカーズ
代表者:百田雅人社長
住所:三重県津市河芸町上野876―1
電話:059‐253‐8888
URL:http://www.cars-drt.com/