全国総合福祉車両協議会と業務提携 - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)8月23日 [水曜日] 友引 |  サイトマップ サイトマップ

全国総合福祉車両協議会と業務提携

企業・団体 2017年05月15日
福祉・介護車両ニーズに応えるサービスを展開
会社名:バリューアップ
「福祉・介護車両専門のレンタカー」を2018年1月から事業展開を目指す

「福祉・介護車両専門のレンタカー」を2018年1月から事業展開を目指す

複数画像有

拡大拡大する

 レンタカーサービスを提供するITS総研グループのバリューアップ(横浜市西区・堤正人社長)は、福祉車両サービスを手掛ける全国総合福祉車両協議会(さいたま市北区・稲垣利一代表理事)と3月31日、業務提携を締結し、福祉・介護車両専門のレンタカー事業を展開する。

 内閣府の調査によると、身体障がい者の在宅者数357.6万人、施設入所者数8.7万人、合わせて366.3万人(高齢者関係施設入所者を含まず)という現実に加えて、今後加速する少子高齢化や2020年に開催される東京オリンピックパラリンピックに向けて、福祉・介護車両や福祉関連施設への需要が高まることが予想されている。

 こうした背景から、保有している福祉・介護車両の機器整備や車両整備の需要拡大と、同車両のレンタルニーズなどに対応が必要な状況にあるが、レンタカー・リース業界では、福祉・介護車両レンタル事業をはじめるにも、福祉車両の導入や取扱い、機器整備に対応する専門的知識や情報が少なく、運用部分にも課題を抱え、事業展開を躊躇している状況でもある。

 今回の業務提携は、レンタカー事業の総合商社として、さまざまなノウハウを保有し、日本で初となるセルフレンタカー(24レンタカー)事業を展開するバリューアップと、福祉・介護車両の整備ノウハウ・それらに付随する整備士の育成、福祉・介護車両ビジネスモデルを有する全国総合福祉車両協議会が協力し合い、高齢者や障がい者に安心・安全な福祉車両のレンタカーを提供する。さらに、多くの顧客利便性を追求した事業を構築し、多様化する福祉・介護車両のレンタカーニーズに応えていくことを目的としている。

 今後、同社と同協議会では、こうした社会問題を抜本的に捉えたビジネスモデルを開発し、求められる地域社会への対応、社会貢献を実現するために、「福祉・介護車両専門のレンタカー」を2018年1月から事業展開を目指す考えだ。



[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系